2.27.3 「・・・の処理」タイプのアプリケーションの変換

iSeriesの世界では、「・・・の処理」タイプのアプリケーションは、非常によく使用されます。「・・・の処理」タイプのアプリケーションでは、アイテムのリスト、およびリストのアイテムで実行できるアクションの複数のオプション(番号で表示)が表示されます。

リストとメニュー

GUI環境では、この基本的な例は、通常はリスト・ビューとメニュー・オプションで表示されます。メニュー・オプションは現在選択されたオプションに適用され、選択されると追加のウィンドウが起動されます。

基本的な手法は、「・・・の処理」インターフェースと同じで、アクションの起動方法だけが違います。

エクスプローラー・タイプのインターフェース

この種類のインターフェースは、左側にツリー・ビューを追加することにより簡単に拡張でき、より複雑なデータ表示を処理できます。ツリー・ビューは、データの階層間の移動に使用されます。

Again, the actions are performed using menu bars or popup menus.この種類のインターフェースのその他の例は、Windowsエクスプローラです。

GUIインターフェースは、「・・・の処理」インターフェースと比較し、以下のような長所があります。