2.3.2.2 アクションは直接実行されるので、モードは必要ない

イベント・ドリブン・プログラムでは、情報は直接処理されます。例えば、従業員の詳細をチェックする場合は、従業員のリストを表示し、人物を選択し、詳細を表示します。変更を行う場合は、そこで変更できます。変更は、UPDATEステートメントを含むイベント・ルーチンを持つボタンがクリックされると、データベースに書き込まれます。モードは必要ありません。

RDMLファンクションでは、同じように従業員の詳細を表示できましたが、変更を行う場合は、最初に変更ボタンをクリックするかオプション番号を入力し、入力フィールドのある画面を起動し、プログラムでモードを*CHANGEに変更します。つまり、アクションを実行する前にこれから実行するアクションを通知します。

RDMLのモードは、ユーザーの入力が可能かどうかを制御します。Visual LANSA では、コンポーネントの ReadOnly プロパティ (True/False) を使用して処理されます。