テーブル・レイアウト定義の作成と編集

図 1 – 3x3 レイアウトの作成

リボンの [レイアウト] ボタンにより、12x12 までのレイアウトが簡単に作成できます。行・列は必要に応じて、後から追加・削除できます。作成できる区分の数に実際の制限はありませんが、慣例からすると、通常は 6 x 6 あればほとんどのケースで十分です。

レイアウトはコントロール追加前に作成でき、後から作成することも可能です。その作成のタイミングは開発者次第です。すでに複合コントロールを親とするコントロールはすべて、レイアウト属性が別途定義されるまでは影響を受けない状態になります。

もしくは、複合コントロールに定義されたレイアウトがない場合、レイアウト属性を子コントロールに割り当てるだけで、結果として複合コントロールに 1x1 レイアウトが提供されることになります。必要に応じて、行や列は後から追加できます。