2.23.1 レイアウト・マネージャ

コンポーネントがフォーム、パネル、タブ・シート、または他のコンポーネントに配置される方法を指定する方法は、以下の2つがあります。

設計時には、コンポーネントを手作業で配置するほうが簡単です。ただし、実行時にアプリケーションが縮小、サイズ変更、最大化されるときに、その中のコンポーネントはサイズ変更または位置変更されません。また、特定のレイアウトでのコンポーネントの配置(整列や均等割付)も難しくなります。

レイアウト・マネージャは、コンテナ内部にコンポーネントが配置される方法を制御します。設計時は、最初は使用が複雑ですが、アプリケーションの外観、使いやすさ、保守性に大きな効果があります。

レイアウト・マネージャを持つコンポーネント

他のコンポーネントを格納できるすべてのコンポーネントは、レイアウト・マネージャを持ちます。最も一般的なものは、フォームと再利用可能パーツです。

通常、グループ・ボックスやタブ・シートのレイアウト・マネージャも定義します。

テーブル・レイアウト・マネージャは、最もよく使用されるレイアウト・マネージャです。

レイアウトへのコンポーネントの追加

レイアウト・マネージャを持つコンテナに追加されたコンポーネントは、レイアウトに自動的に追加されます。

次のトピックも参照してください。

2.23.1.1 テーブル・レイアウト・マネージャ

2.23.1.2 その他のレイアウト・マネージャ