2.23.3.2 スタイルの使用

すべてのコントロールには、StyleとStylesプロパティがあります。スタイルの最も単純な適用例を以下に示します。

Define_Com Class(#Prim_labl) name(#Heading) Caption('Details') Style(#MyStyles<Heading1>)

 

Stylesプロパティを使用すると、複数のスタイルを実行時に単一のコントロールに割り当てることができます。

以下の例では、ラベルにはすでにスタイルがありますが、値の変化に伴って「error」スタイルが追加または削除されます。

Define_Com Class(#Prim_labl) name(#ValueCaption) Caption('Details') Style(#MyStyles<Emphasis>)
Evtroutine Handling(#Value.Changed)
If (#Value > #AllowedLimit)
#ValueCaption.Styles.Add(#MyStyles<Error>)
Else
#ValueCaption.Styles.Remove(#MyStyles<Error>)
Endif
Endroutine

 

また、Stylesをグローバル・レベルで適用することもできます。例えば、アプリケーションの初回起動時などです。スタイルは、すべてのフォームと再利用可能パーツに採用されます。

この考え方は、個々のコントロールにも当てはまります。以下の例では、アプリケーションにスタイルが与えられていますが、追加のスタイルがすべての編集ボックスに適用され、初回作成時に丸い角で作成されます。

Evtroutine Handling(#Com_owner.CreateInstance)
#sys_appln.Style <= #MyStyles<ApplicationStyle>
#sys_appln.Appearance.Edit <= #MyStyles<Edit>
Endroutine