レイアウト・マネージャ定義

レイアウトを選択すると、レイアウト・マネージャのDEFINE_COMステートメントが自動的にコンテナのソースに作成されます。

 

Define_Com Class(#PRIM_FWLM) Name(#FWLM_1) Direction(TopToBottom)

 

レイアウト・マネージャのクラスと名前は、そのタイプによって異なります。

タイプ

名前

添付レイアウト・マネージャ

#ATLM_n

グリッド・レイアウト・マネージャ

#GDLM_n

フロー・レイアウト・マネージャ

#FWLM_n

分割レイアウト・マネージャ

#SPLM_n

 

レイアウトに追加する各コンポーネントで、レイアウト・アイテムが追加され、親コンテナのレイアウト内の指定された場所にコンポーネントが添付されます。そのため、コンポーネントをレイアウト・マネージャでコンテナに追加すると、コンポーネントの位置を決定するレイアウト・アイテムの定義も追加されます。

DEFINE_COM CLASS(#PRIM_PHBN) NAME(#PHBN_1) CAPTION('Top') DISPLAYPOSITION(1) LEFT(0) PARENT(#COM_OWNER) TABPOSITION(1) TOP(0) WIDTH(492)
DEFINE_COM CLASS(#PRIM_ATLI) NAME(#ATLI_1) ATTACHMENT(Top) MANAGE(#PHBN_1) MARGINBOTTOM(5) PARENT(#ATLM_1)
 

レイアウト・アイテム自身は、レイアウト・マネージャと同じように名前が付けられます。

タイプ

クラスと名前

添付レイアウト・マネージャのアイテム

#ATLI_n

グリッド・レイアウト・マネージャのアイテム

#GDLI_n

フロー・レイアウト・マネージャのアイテム

#FWLI_n

分割レイアウト・マネージャのアイテム

#SPLI_n