準備作業

ここでは、準備作業として、セッションの初期化、プロジェクトへの共通コントロール追加、およびLANSA セッション・オブジェクトへの参照追加について説明します。

セッションの初期化

区画、データベースなど、どのLANSA環境に接続するかを、実行時にVisual Basicが認識できるようにする必要があります。そのために必要な情報を、セッション設定ファイルに指定してください。X_RUNと同じパラメータが使えます。

セッション設定ファイルの作成手順を以下に示します。

1.  「メモ帳」を起動します。

2.  以下のサンプル・ファイルをコピーします。

3.  パラメータをサイトの環境に合わせて修正します。

     上記の設定はプログラムでも変更できます。セッション設定ファイルに変更を反映するかどうかは、必要に応じて使い分けてください。

4.  Visual Basicのサンプル作成に使用するディレクトリにファイルを保存し、「メモ帳」を終了します。

Session.cfgファイルの例

 

LANG=e.g. ENG 
 
PART=partition e.g SET
 
DBII=your database's name
 
DBUS=database user - e.g. DBA
 
PSWD=database user password - e.g. SQL
 
GUSR=*NONE
 
HLPC=4392492
 
LOCK=YES
 
TASK=task_id
 
DATF=DMY
 
DBUG=N
 
ITRO=N
 
INIT=
 
TERM=
 
DBIT=database type - e.g SQLANYWHERE,...

 

 

プロジェクトに共通コントロールを追加する

Windows の共通コントロールをVBプロジェクトに含める必要があります。

1.  Visual Basic開発環境を開き、標準のVisual Basicプロジェクト・テンプレートを使って、新規プロジェクトを作成しておきます。

2.  共通コントロールをツールボックスに追加します。ツールボックスを右クリックすると現れるポップ・アップ・メニューから、コンポーネントを選択してください。

3.  次いでMicrosoft Windows Common Controls 6.0を選択すると次のようになります。

3.  [OK]をクリックします。これでツールボックスから共通コントロールを追加できるようになりました。

 

LANSAセッション・オブジェクトに対する参照の追加

LANSA ActiveXコンポーネントを使うためには、LANSA ActiveXライブラリの参照を追加する必要があります。

1.  [プロジェクト]メニューの[リファレンス]コマンドで、LANSA ActiveXライブラリの参照を追加します。

2.  LANSA ACTIVEX LIB 1.0ボックスをオンにします。

3.  [OK]をクリックします。

4.  セッション設定ファイルの保存先フォルダー以下にある所定のサブフォルダーに、プロジェクトおよびフォームを保存します。デフォルト名の「Project<n>.vbp」、「Form<n>.frm」を使用します。

これで設定作業は終わりです。