Visual LANSAコンポーネントをVisual Basic .NETのフォームに組み込み

Visual LANSAパネルの再利用可能パーツをVisual Basicのフォームに埋め込む、あるいはコントロールのイベントに応答するためには、ツールバーからコンポーネントをドラッグし、配置する必要があります。

1.  フォームを表示します。

2.  ツールボックスの[コンポーネント]セクションを選択します。

3.  ツールボックスを右クリックし、[ツールボックス カスタマイズ...] を選択します。

4.  必要ならば COM Components タブ (デフォルト) に切り替えてください。

5.  スクロールして LANSA.MYCOMP を探し、そのチェックボックスをオンにしてください。

6.  [OK]を押すと、ツールバーには小さいLANSAアイコンが現れます。

7.  このアイコンを矩形の外側までドラッグして放します。

8.  コンポーネントがパネルであれば、それと同じ大きさの矩形が現れます。その名前は「LANSA.MYCOMP」となっているはずです。

9.  一方、コンポーネントがオブジェクトやフォームであれば、設計時に設定したアイコンの形で表示されます。

10. コンポーネントは自動的に定義済みの状態になり、Visual Basicのフォーム内に、生成コードが追加されます。名前の省略値はaxMYCOMP1となります。

11. このコンポーネントをSessionに追加します。次のように、「Session.CreateComponent」ではなく「Session.AddComponent」を呼び出してください。

 

Session.AddComponent(axMYCOMP1.GetOcx())

 

12. これで、アプリケーションを実行すると、パネル・コンポーネントが使えるようになっているはずです。

13. 一方、オブジェクトは表示されず、フォームもShowFormを呼び出さない限り画面に現れません。

     以上により、コンポーネントのメソッド、プロパティ、イベントが、Visual Basic側からアクセスできるようになりました。