ActiveXコンポーネントの作成

1.  LANSAのフォームや再利用可能パーツを、ActiveXコントロールとして使えるようにしましょう。エディターで開き、リボンで[ActiveX属性の設定]を選択します。

     するとコンポーネントのソースに、必要なActiveX属性が追加されます。

2.  コンポーネントをコンパイルすると、ActiveXコントロールになります。