2.28.3.1 .NETコンポーネント・クラスに関する、Visual LANSAの制限事項と命名規則

RDMLと.NETの言語(C#など)の違いにより、一部の文字を置き換え、命名規則を変更し、制限事項を適用する必要があります。

ジェネリック・クラス

ジェネリック・クラス名には、汎用タイプを'^'で囲んで追加します。例:

C#

   namespace TestClasses
   {
      public class GenericTests<T,Y> 
   }

 

RDML

   #DOTNET1.TestClasses.GenericTests^T^^Y^

 

ジェネリック・メソッド

ジェネリック・メソッドはサポートされていません。

配列

配列クラス名の次元は、以下の構文で表します。

Class name ---- # ---- Number of dimensions --------|
                |                              |
                 --------------<--------------- 

例:

C#

   int[,][]
   MyClass[]

 

RDML

   #DOTNET1.System.Int32#2#1
   #DOTNET1.TestClasses.MyClass#1

 

オーバーロードされたファンクション

オーバーロードされたファンクションには、一意の名前が生成されます。アセンブリ・パーサによって最初に検索されたファンクションは、実際のファンクション名を使用します。後続のすべてのオーバーロードされたファンクションには、実際のファンクション名の後に "#x" が付きます。ここで、x は1から始まり、1ずつ増加する数です。例えば、.NET FrameworkクラスにAddという名前の3つのファンクションがある場合、RDMLにおけるファンクション名はAdd、Add#1、Add#2となります。Visual LANSAエディターの[機能]ビューを使用して、ファンクションの署名を表示します。

LANSAの内部名

次の名前は、Visual LANSA内部クラスによって使用されています。LANSAの内部プロパティ/メソッド/イベントが優先されるため、.NET Frameworkコンポーネントでこれらの名前を使用するのは避けてください。

プロパティ

Name

Owner

Parent

ComponentTag

ComponentType

ComponentMembers

ComponentTypeName

ComponentClassName

ComponentPatternName

Top

Hint

HintTitle

Left

Focus

Width

Handle

Height

Parent

Enabled

TabStop

Visible

CanFocus

HintShow

Modified

DragStyle

PopupMenu

ScreenTop

ScreenLeft

SizingRule

BusyUpdates

VisualStyle

TabPosition

DisplayPosition

HintShowOfParent

BusyUpdatesOfParent

VisualStyleOfParent

Cursor

Opacity

OriginType

OriginX

OriginY

ScaleX

ScaleY

SkewX

SkewY

Rotation

VisualStyleOverrides

 

 

イベント

CreateInstance

DestroyInstance

Realize

SetFocus

Unrealize

UpdateDisplay

ShowMessages

 

 

 

メソッド

EndDrag

DragDrop

DragOver

StartDrag

Initialize

MouseEnter

MouseLeave