4.5.1.1 テンプレートとは?

「アプリケーション・テンプレート」は、LANSAの中でも特に強力な機能です。RDMLコードの「生成器」と考えるとわかりやすいでしょう。これはインタープリタ型の言語で、記述には独自の4.5.2.2 テンプレート・コマンドを使います。実行するといくつかの問い合わせが現れ、これに答えていくとRDMLコードが自動生成されます。 

LANSAエディター内から呼び出すことにより、ファンクション、フォーム、再利用可能パーツ、WAMなどのLANSAオブジェクトに、RDMLコードを追加することができます。

ファンクションの設計、操作方法、構成に一貫性を持たせるためにも、テンプレートの役割は重要です。また、商用アプリケーションの開発にも効果的です。完全なVisual LANSAコンポーネントやRDMLファンクションを生成するほか、RDMLコードの断片を生成して埋め込むことも可能です。

LANSAには40以上のテンプレートが付属しており、アプリケーション開発に直ちに利用できます。各テンプレートの使い方をまとめた、オンライン・ヘルプも用意されています。テンプレート自身も「プログラム」の一種なので、独自に作成したり既存のテンプレートを修正したりすることも可能です。

なお、テンプレートはLANSAシステム全体に有効なものとして定義することになります。一度作成すればどの区画からも利用でき、変更を施せば、どの区画から参照しても新しいテンプレートが使われます。したがって、既存のテンプレートを直接変更するのではなくコピーして使い、元のテンプレートはそのまま残しておくようお勧めします。