7.8 BROWSE

Þ: 利用法の確認

BROWSE コマンドは、選択されたファイル・レコードの、選択されたフィールドをワークステーションで表示するために使用します。

ユーザーは、表示されたレコードのいずれかを選択することもできます。レコードが選択された場合、BROWSEコマンドは、FETCHコマンドと同様の方法でレコード・フィールドをプログラムに返します。

新しいアプリケーションでBROWSEコマンドを使用することは、お勧めしません。

BROWSEコマンドは、初期リリースのLANSAで提供されたことから、以降のリリースにも存在しています。

ただし、以降のリリースのLANSAには、BROWSE コマンドの処理速度と機能をはるかに超えるアプリケーション・テンプレート、ポップアップ・ウィンドウ、プロンプト・キー処理などの機能が用意されています。

BROWSEコマンドは、可搬性のあるプログラム、*DBOPTIMIZE機能を使用するプログラム、多言語サポートが必要なプログラム、およびGUI (グラフィカル・ユーザー・インターフェース)対応またはWeb対応のプログラムでは使用できません。

移植性に関する考慮事項

Visual LANSAコード内で使用すると、ビルド警告が生成され、実行時にエラーが発生します。この機能を使用するコードは、この環境で実行されないように条件付けすることができます。

参照

7.8.1 BROWSE のパラメータ

7.8.2 BROWSE の使用例

必須

 

  BROWSE ------- FIELDS ------- フィールド名  フィールド属性 --->

                                |          |               |    |

                                |            --- 最大7 -------- |

                                 ------ 最大100 ----------------

 

             >-- FROM_FILE ---- ファイル名 . *FIRST ------------->

                                            ライブラリ名

 

                                                       任意指定

             >-- WHERE -------- '条件' -------------------->

 

             >-- WITH_KEY ----- キー・フィールド値 --------------->

 

             >-- NBR_KEYS ----- *WITHKEY ----------------------->

                                数値フィールド名

 

             >-- GENERIC ------ *NO ---------------------------->

                                *YES

 

             >-- IO_STATUS ---- *STATUS ------------------------>

                                フィールド名

 

             >-- IO_ERROR ----- *ABORT ------------------------->

                                ラベル

 

             >-- VAL_ERROR ---- *LASTDIS ----------------------->

                                *NEXT

                                ラベル

 

             >-- USE_SELECT --- *YES  -------------------------->

                                *NO

 

             >-- NO_SELECT ---- *NEXT -------------------------->

                                ラベル

 

             >-- ONE_FOUND ---- *DISPLAY------------------------>

                                *SELECT

 

             >-- ISSUE_MSG ---- *NO ---------------------------->

                                *YES

 

             >-- RETURN_RRN --- *NONE -------------------------->

                                フィールド名

 

             >-- DOWN_SEP ----- *DESIGN ------------------------>

                                10進数値

 

             >-- ACROSS_SEP --- *DESIGN ------------------------>

                                10進数値

 

             >-- EXIT_KEY ----- *YES -- *EXIT ------------------>

                                *NO     ラベル

 

             >-- MENU_KEY ----- *YES -- *MENU  ----------------->

                                *NO     ラベル

 

             >-- ADD_KEY ------ *NO --- *NEXT ------------------>

                                *YES    ラベル

 

             >-- CHANGE_KEY --- *NO ---- *NEXT ----------------->

                                *YES     ラベル

 

             >-- DELETE_KEY --- *NO ---- *NEXT ----------------->

                                *YES     ラベル

 

             >-- USER_KEYS ---- ファンクション・キー---'記述'--ラベル-->

                              |                               |

                               --------- 最大5 -----------

 

             >-- SHOW_NEXT ---- *PRO ---------------------------|

                                *YES

                                *NO