LANSA テクニカル リファレンスガイド

LANSA テクニカル リファレンスガイド

 

 

エディション日付:2016年6月22日

© LANSA

 

クイック・リファレンス
RDML コマンド
カテゴリー別組み込み関数
アプリケーションの実行を制御する組み込み関数
クライアント/サーバーのサポート組み込み関数
データ・エリア組み込み関数
データ待ち行列組み込み関数
日付と時間の組み込み関数
電子メール処理組み込み関数
拡張5250ユーザー・インターフェース組み込み関数
交換リスト組み込み関数
ファイル関連組み込み関数
LANSA Composer 組み込み関数
LANSA Integrator 組み込み関数
リスト処理組み込み関数
ロック組み込み関数
演算組み込み関数
メッセージ組み込み関数およびメッセージ処理組み込み関数
メッセージ・ボックス組み込み関数
その他の組み込み関数
代理店提供の組み込み関数
リポジトリ関連 - 権限組み込み関数
リポジトリ関連 - エクスポート/インポート/配布組み込み関数
リポジトリ関連 - フィールドおよびコンポーネント組み込み関数
リポジトリ関連 - ファイル組み込み関数
リポジトリ関連 - ファンクション組み込み関数
リポジトリ関連 - 一般の組み込み関数
リポジトリ関連 - プロセス組み込み関数
リポジトリ関連 - ルール/トリガー組み込み関数
リポジトリ関連 - フシステム変数および言語変数組み込み関数
リポジトリ関連 - テンプレート組み込み関数
スペース組み込み関数
スプール・ファイル組み込み関数
ストリーム・ファイル (フラット・ファイル) 関連組み込み関数
文字列処理組み込み関数
オペレーティング・システム固有のファンクションおよびプラットフォーム・アクセス組み込み関数
Web ファンクション組み込み関数
Zip組み込み関数
システム変数
形式、値、コード
1. フィールド
1.1 フィールド・タイプ
1.1.1 フィールド・タイプについて
フィールド・タイプ使用の推奨事項
フィールド・タイプ変換
RDMLX使用可能区画
SQL Null処理
ASQN (Allow SQL Nulls: SQL Nullを許可) 属性
*SQLNULLキーワード
組み込みプロパティ.IsSqlNull
組み込みメソッド.AsValue
SQL Nullが可能なフィールドの割り当て、条件、式
フィールドを RDML に分類するもの
1.1.2 Alpha
1.1.3 String
1.1.4 NVarChar
1.1.5 Char
1.1.6 NChar
1.1.7 Packed
1.1.8 Signed
1.1.9 Integer
1.1.10 Float
1.1.11 Date
1.1.12 Time
1.1.13 DateTime
1.1.14 Binary
1.1.15 VarBinary
1.1.16 DBCS グラフィックス文字列
1.1.17 BLOB
1.1.18 CLOB
1.1.19 Boolean
1.2 フィールド定義
1.2.1 [名前]
1.2.2 [識別子]
1.2.3 [タイプ]
1.2.4 [全桁数]
1.2.5 [小数点桁数]
1.2.6 [省略値]
1.2.7 [参照フィールド]
1.2.8 [記述]
1.2.9 [ラベル]
1.2.10 [ヘッダー]
1.2.11 [割り振られた長さ] (IBM i のみ)
1.2.12 [編集オプション]
1.2.13 [鍵盤シフト]
1.2.14 [RDMLX使用可能]
1.2.15 [システム・フィールド]
1.2.16 [フィールド属性]
1.2.17 [入力属性]
1.2.18 [出力属性]
1.2.19 [プロンプト ファンクション]/[プロセス ファンクション]
1.2.20 [別名]
1.3 フィールド・ビジュアライゼーション
1.4 フィールドの妥当性検査とトリガー
1.5 フィールド・ヘルプ・テキスト
2. 妥当性検査とトリガー
2.1 検査の定義
2.1.1 実行順序
2.1.2 検査記述
2.1.3 検査ケースの設定
2.1.4 検査の定義 (タイプごと)
2.1.5 検査後の処理
2.1.6 エラー・メッセージ
2.2 値のリストによる検査
2.2.1 値
2.2.2 リストの例
2.3 値の範囲による検査
2.3.1 範囲: Fromの値/Toの値
2.3.2 値の範囲の例
2.4 日付形式/範囲検査
2.4.1 日付形式
2.4.2 許可する経過日数
2.4.3 許可する未来日数
2.4.4 日付形式/範囲検査の例
2.5 コード・ファイル/テーブルの存在検査
2.5.1 検査するファイル
2.5.2 キー・フィールド
2.5.3 コード・ファイル/テーブルの存在検査の例
2.6 簡易ロジック検査
2.6.1 検査のための条件式
2.6.2 簡易ロジック検査の例
2.7 複雑ロジック検査
2.7.1 呼出プログラム
2.7.2 呼び出しプログラム:ファンクション
2.7.3 呼び出しプログラム:3GLプログラム
2.7.4 3GLパラメータ
2.7.5 複雑ロジック検査の例
2.8 トリガー
2.8.1 トリガーの定義
トリガー記述
トリガー・ファンクション名
トリガー・ポイント
トリガー定義の例
2.8.2 処理条件
AND/OR
フィールド名
オペレーション
比較演算子
実行順序
2.8.3 トリガー・ファンクション
トリガー・ファンクションとは?
トリガー・ファンクションの作成
トリガー・ファンクションのアクティブ化
トリガーが呼び出されるタイミング
TRIG_OPERおよびTRIG_RETC変数とTRIG_LIST作業リスト
トリガーに渡されるTRIG_OPERのコード
トリガーに渡されるTRIG_LISTの項目数
TRIG_RETCで使用される戻りコードとその設定方法
トリガー - 典型例
トリガーの使用例
トリガー - 制約と制限
トリガー - 推奨事項と禁止事項
3. ファイル
3.1 ファイル定義
3.1.1 [ファイル タイプ]
3.1.2 [名前]
3.1.3 [識別子]
3.1.4 [ファイル ライブラリ]
3.1.5 [記述]
3.2 ファイル内の実フィールド
3.2.1 [フィールド名]
3.2.2 [順序]
3.2.3 [キーの位置]
3.2.4 [仮想]
3.3 ファイル内の仮想フィールド
3.3.1 仮想フィールド定義
[フィールド名]
[仮想フィールドタイプ]
[順序]
[ファイル読込み後に仮想フィールドの値を設定]
[ファイル書込み前に実フィールドへ値を設定]
3.3.2 [日付変換]
[元フィールド]
[実フィールドの形式]
[仮想フィールドの形式]
3.3.3 [サブストリング]
[フィールド名]
[開始位置]
3.3.4 [結合]
結合フィールド名
結合の例
3.3.5 [フィールドの計算]
[項目(1)]
[演算]
[項目(2)]
[結果]
フィールド計算の例
3.3.6 [コード フラグメント]
コード・フラグメントによる仮想フィールドの設定
コード・フラグメントによる実フィールドの設定
3.4 論理ビュー
3.4.1 論理ビューの定義
[名前]
[記述]
[ユニークキー]
[アクセスパス]
[動的選択]
[ALTSEQ]
[レコード様式]
[CRTLF/CHGLF パラメータ]
3.4.2 論理ビュー・キー
[フィールド名]
[記述]
[数値キーのタイプ指定]
[キーの順序]
[キーの位置]
3.4.3 選択/除外の設定
[選択/除外]
[And/or]
[タイプ]
[フィールド名]
[オペレーション]
[S/O 値]
範囲
3.5 アクセス経路
3.5.1 アクセス経路の定義
[アクセス経路名]
[記述]
[対象ファイル]
[選択可能な項目]
[選択可能なルール]
[ドキュメンテーションのみ]
[最大レコード]
[保管数]
[省略時の処理]
[取出方法]
[キーフィールド/キーの値]
[詳細]
[参照先キー]
[キーの位置]
3.5.2 事前結合フィールドの定義
[結合フィールド]
[記述]
[タイプ]
[参照元フィールド]
3.6 ファイルの属性
3.6.1 [ファイル ライブラリ]
3.6.2 [レコード様式名]
3.6.3 [I/O モジュール ライブラリ]
3.6.4 [ファイルはIBM i でSQLを使用しています]
3.6.5 [交互参照テーブル] (ALTSEQ)
3.6.6 [RDMLX使用可能]
3.6.7 [オープンデータパスの共用]
3.6.8 [ファイルオーバーライドの保護]
3.6.9 [デバッグ域の解除]
3.6.10 [メッセージ IOM0034 の抑制]
3.6.11 [10 進エラーの無視]
3.6.12 [コンパイル時に IOM を作成]
3.6.13 [バッチ コントロールでヘッダ レコードを作成]
3.6.14 [IBM i 高速テーブル]
3.6.15 [RRNの自動生成]
3.6.16 [RRN の欄の作成]
3.6.17 [フィールド名の特殊文字の変換]
3.6.18 [コミットメント制御を使用]
3.6.19 [自動コミット パラメーター]
3.6.20 [CRTPF & CHGPF パラメーター]
3.6.21 [読み取り専用のアクセス]
3.6.22 [データベース トリガー プログラム]
3.6.23 [記述]
3.7 LANSA作成ファイル内の@@UPIDフィールド
3.8 バッチ制御
3.8.1 バッチ制御の定義
[ファイル名]
[記述]
[キーフィールド]
[キー順序]
[参照元フィールド]
[参照先フィールド]
[詳細]
3.9 仮想ロジック
3.9.1 [I/O モジュールに組込むコード]
3.9.2 [コード]
3.10 ファイル・レベルの妥当性検査とトリガー
3.11 ファイル コンパイル オプション
3.11.1 [必要な場合のみコンパイルを行う]
3.11.2 [テーブルの再生成]
3.11.3 [論理ビューの再生成]
3.11.4 [OAMの再生成]
3.11.5 [デバッグ情報の除去]
3.11.6 [生成されたソースの保持]
3.11.7 [データ ファイル (DAT ファイル) の保持]
3.11.8 [既存のテーブル/インデックスの消去]
3.11.9 [テーブル データの保存]
3.11.10 [テーブル データの復元]
3.12 外部ファイルのロード
3.12.1 IBM i ファイルのロード
3.12.2 他のデータ・ソースからのファイルのロード
3.12.3 IBM i ロード・オプション
3.12.4 他のデータ・ソースのロード・オプション
4. コンポーネント
4.1 コンポーネントの概念
4.2 コンポーネントの定義
4.2.1 [名前]
4.2.2 [識別子]
4.2.3 [記述]
4.2.4 [RDMLX使用可能]
4.2.5 [フレームワーク]
4.2.6 [グループ]
4.2.7 [エディタで開く]
4.2.8 [閉じる]
4.2.9 [レイアウトウェブレット]
4.3 コンポーネントのタイプ
4.3.1 フォーム
4.3.2 再利用可能パーツ
4.3.3 WAM
4.3.4 ビジュアル・スタイル
4.3.5 アイコン
4.3.6 ビットマップ
4.3.7 カーソル
4.3.8 ActiveX
4.3.9 .NETコンポーネント
4.4 コンポーネントのヘルプ・テキスト
4.5 コンポーネント・コンパイル・オプション
4.5.1 [必要な場合のみコンポーネントをコンパイル]
4.5.2 [生成されたソースの保持]
4.5.3 [デバッグ使用可能]
4.5.4 Web Application Module オプション
[XSL の生成]
[テクノロジ・サービス]
4.6 テクノロジ・サービス
4.6.1 [名前]
4.6.2 [プロバイダ]
4.6.3 [キャプション]
4.6.4 [記述]
4.6.5 [プロパティ]
[MIME Type]
[Decument Ext]
[Edit Numeric]
[Designable in Editor]
[Maximum Footprint]
[Device Skin Image]
[Script Location]
[Style Location]
5. ウェブレット
5.1 [名前]
5.2 [記述]
5.3 [ウェブレットのグループ]
5.4 [レイアウトウェブレット]
5.5 [Webroutineサービス名]
6. プロセスとファンクション
6.1 プロセス定義
6.1.1 [名前]
6.1.2 [識別子]
6.1.3 [記述]
6.1.4 [メニュースタイル]
6.1.5 [使用頻度]
6.1.6 [リモート処理の最適化]
6.1.7 [Web の使用可能]
6.2 ファンクション・コントロール・テーブル
6.2.1 [ファンクション記述]
6.2.2 [メニューに表示]
6.2.3 [表示順序]
6.2.4 [次ファンクション]
6.2.5 [実行可能な次ファンクション]
6.3 メニューに登録するコマンド
6.3.1 [記述]
6.3.2 [順序]
6.3.3 [実行時プロンプト]
6.3.4 [コマンド]
6.4 追加されたプロセス/ファンクション
6.4.1 [プロセス名]
6.4.2 [ファンクション名]
6.4.3 [順序]
6.4.4 プロセス・パラメータ
6.5 アクションバー制御テーブル
6.5.1 アクションバー項目の [記述]
6.5.2 [AB$OPT コード]
6.5.3 アクションバー項目の [順序]
6.5.4 プルダウン項目の [記述]
6.5.5 [アクセラレータ キー]
6.5.6 [PD$OPT コード]
6.5.7 プルダウン項目の [順序]
6.5.8 [初期時に使用可能]
6.5.9 [選択可能な項目]
ファンクション名
プロセス
コマンド
未定義
6.6 プロセス・ヘルプ・テキスト
6.7 ファンクション定義
6.7.1 [名前]
6.7.2 [識別子]
6.7.3 [記述]
6.7.4 [テンプレート]
6.7.5 [RDMLX使用可能]
6.8 ファンクション・ヘルプ・テキスト
6.9 プロセス/ファンクション コンパイル オプション
6.9.1 [必要な場合のみプロセスのコンパイルを行う]
6.9.2 [全てのプロセスファンクションをコンパイルする]
6.9.3 [必要な場合のみファンクションのコンパイルを行う]
6.9.4 [生成されたソースの保持]
6.9.5 [デバッグ使用可能]
6.9.6 [HTML の生成]
[数値の検証]
6.9.7 [省略値を使用する]
7. RDML コマンド
7.1 ABORT
7.1.1 ABORT のパラメータ
7.1.2 ABORT の使用例
7.2 ADD_ENTRY
7.2.1 ADD_ENTRY のパラメータ
7.2.2 ADD_ENTRY についてのコメント/警告
7.2.3 ADD_ENTRY の使用例
7.3 ASSIGN
7.3.1 ASSIGNのパラメータ
7.3.2 ASSIGNの使用例
7.4 ATTRIBUTE
7.4.1 ATTRIBUTEのパラメータ
7.4.2 ATTRIBUTEの使用例
7.5 BEGIN_COM
7.5.1 BEGIN_COMのパラメータ
7.5.2 BEGIN_COMの使用例
7.6 BEGIN_LOOP
7.6.1 BEGIN_LOOP のパラメータ
7.6.2 BEGIN_LOOP の使用例
7.7 BEGINCHECK
7.7.1 BEGINCHECK のパラメータ
7.7.2 BEGINCHECK の使用例
7.8 BROWSE
7.8.1 BROWSE のパラメータ
7.8.2 BROWSE の使用例
7.9 CALL
7.9.1 CALL のパラメータ
7.9.2 CALL についてのコメント/警告
7.9.3 CALL の使用例
7.10 CALLCHECK
7.10.1 CALLCHECK のパラメータ
7.10.2 CALLCHECK についてのコメント/警告
7.10.3 CALLCHECK の使用例
7.11 CASE
7.11.1 CASE のパラメータ
7.11.2 CASE についてのコメント/警告
7.11.3 CASE の使用例
7.12 CHANGE
7.12.1 CHANGE のパラメータ
7.12.2 CHANGE についてのコメント/警告
7.12.3 CHANGE の使用例
7.13 CHECK_FOR
7.13.1 CHECK_FOR のパラメータ
7.13.2 CHECK_FOR についてのコメント/警告
7.13.3 CHECK_FOR の使用例
7.14 CLOSE
7.14.1 CLOSE のパラメータ
7.14.2 CLOSE についてのコメント/警告
7.14.3 CLOSE の使用例
7.15 CLR_LIST
7.15.1 CLR_LIST のパラメータ
7.15.2 CLR_LIST の使用例
7.16 COMMIT
7.16.1 COMMIT のパラメータ
7.16.2 COMMIT の使用例
7.17 CONDCHECK
7.17.1 CONDCHECK のパラメータ
7.17.2 CONDCHECK についてのコメント/警告
7.17.3 CONDCHECK の使用例
7.18 CONTINUE
7.18.1 CONTINUE のパラメータ
7.18.2 CONTINUE についてのコメント/警告
7.18.3 CONTINUE の使用例
7.19 DATECHECK
7.19.1 DATECHECK のパラメータ
7.19.2 DATECHECK についてのコメント/警告
7.19.3 DATECHECK の使用例
7.20 DEF_ARRAY
7.20.1 DEF_ARRAY のパラメータ
7.20.2 DEF_ARRAY についてのコメント/警告
7.20.3 DEF_ARRAY の使用例
7.21 DEF_BREAK
7.21.1 DEF_BREAK のパラメータ
7.21.2 DEF_BREAK についてのコメント/警告
7.21.3 DEF_BREAK の使用例
7.22 DEF_COND
7.22.1 DEF_COND のパラメータ
7.22.2 DEF_COND の使用例
7.23 DEF_FOOT
7.23.1 DEF_FOOT のパラメータ
7.23.2 DEF_FOOT についてのコメント/警告
7.23.3 DEF_FOOT の使用例
7.24 DEF_HEAD
7.24.1 DEF_HEAD のパラメータ
7.24.2 DEF_HEAD についてのコメント/警告
7.24.3 DEF_HEAD の使用例
7.25 DEF_LINE
7.25.1 DEF_LINE のパラメータ
7.25.2 DEF_LINE についてのコメント/警告
7.25.3 DEF_LINE の使用例
7.26 DEF_LIST
7.26.1 DEF_LIST のパラメータ
7.26.2 DEF_LIST の説明
7.26.3 DEF_LIST についてのコメント/警告
7.26.4 DEF_LIST の使用例
7.27 DEF_REPORT
7.27.1 DEF_REPORT のパラメータ
7.27.2 DEF_REPORT についてのコメント/警告
7.27.3 DEF_REPORT の使用例
7.28 DEFINE
7.28.1 DEFINE のパラメータ
7.28.2 DEFINE の使用例
7.29 DEFINE_COM
7.29.1 DEFINE_COMのパラメータ
7.29.2 DEFINE_COMの使用例
7.30 DEFINE_EVT
7.30.1 DEFINE_EVTのパラメータ
7.30.2 DEFINE_EVTの使用例
7.31 DEFINE_MAP
7.31.1 DEFINE_MAPのパラメータ
7.31.2 DEFINE_EVTで使用するDEFINE_MAP
7.31.3 MTHROUTINEで使用するDEFINE_MAP
7.31.4 PTYROUTINEで使用するDEFINE_MAP
7.32 DEFINE_PTY
7.32.1 DEFINE_PTYのパラメータ
7.32.2 DEFINE_PTYの使用例
7.33 DELETE
7.33.1 DELETE のパラメータ
7.33.2 DELETE についてのコメント/警告
7.33.3 DELETE の使用例
7.34 DISPLAY
7.34.1 DISPLAY のパラメータ
7.34.2 DISPLAY についてのコメント/警告
7.34.3 DISPLAY の使用例
7.35 DLT_ENTRY
7.35.1 DLT_ENTRY のパラメータ
7.35.2 DLT_ENTRY についてのコメント/警告
7.35.3 DLT_ENTRY の使用例
7.36 DLT_LIST
7.36.1 DLT_LIST のパラメータ
7.36.2 DLT_LIST の使用例
7.37 DOUNTIL
7.37.1 DOUNTIL のパラメータ
7.37.2 DOUNTIL の使用例
7.38 DOWHILE
7.38.1 DOWHILE のパラメータ
7.38.2 DOWHILE の使用例
7.39 ELSE
7.39.1 ELSE のパラメータ
7.39.2 ELSE の使用例
7.40 END_COM
7.40.1 END_COMのパラメータ
7.40.2 END_COMの使用例
7.41 END_LOOP
7.41.1 END_LOOP のパラメータ
7.41.2 END_LOOP の使用例
7.42 ENDCASE
7.42.1 ENDCASE のパラメータ
7.42.2 ENDCASE の使用例
7.43 ENDCHECK
7.43.1 ENDCHECK のパラメータ
7.43.2 ENDCHECK についてのコメント/警告
7.43.3 ENDCHECK の使用例
7.44 ENDFOR
7.44.1 ENDFORのパラメータ
7.44.2 ENDFORの使用例
7.45 ENDIF
7.45.1 ENDIF のパラメータ
7.45.2 ENDIF の使用例
7.46 ENDPRINT
7.46.1 ENDPRINT のパラメータ
7.46.2 ENDPRINT の使用例
7.47 ENDROUTINE
7.47.1 ENDROUTINE のパラメータ
7.47.2 ENDROUTINE の使用例
7.48 ENDSELECT
7.48.1 ENDSELECT のパラメータ
7.48.2 ENDSELECT の使用例
7.49 ENDUNTIL
7.49.1 ENDUNTIL のパラメータ
7.49.2 ENDUNTIL の使用例
7.50 ENDWHILE
7.50.1 ENDWHILE のパラメータ
7.50.2 ENDWHILE の使用例
7.51 EVTROUTINE
7.51.1 EVTROUTINEのパラメータ
7.51.2 EVTROUTINEの使用例
7.52 EXCHANGE
7.52.1 EXCHANGE のパラメータ
7.52.2 EXCHANGE についてのコメント/警告
7.52.3 EXCHANGE によるRPG/COBOLから交換リストへのアクセス
7.52.4 EXCHANGE の使用例
7.53 EXEC_CPF
7.54 EXEC_OS400
7.54.1 EXEC_OS400 のパラメータ
7.54.2 EXEC_OS400 についてのコメント/警告
7.54.3 EXEC_OS400 の使用例
7.55 EXECUTE
7.55.1 EXECUTE のパラメータ
7.55.2 EXECUTE の使用例
7.56 EXIT
7.56.1 EXIT のパラメータ
7.56.2 EXIT の使用例
7.57 FETCH
7.57.1 FETCH のパラメータ
7.57.2 FETCH の使用例
7.58 FIELD_MAP
7.58.1 FIELD_MAP のパラメータ
7.58.2 FIELD_MAP の使用例
7.59 FILECHECK
7.59.1 FILECHECK のパラメータ
7.59.2 FILECHECK についてのコメント/警告
7.59.3 FILECHECK の使用例
7.60 FOR
7.60.1 FORのパラメータ
7.60.2 FORの使用例
7.61 FUNCTION
7.61.1 FUNCTION のパラメータ
7.61.2 FUNCTION の使用例
7.62 GET
7.63 GET_ENTRY
7.63.1 GET_ENTRY のパラメータ
7.63.2 GET_ENTRY の使用例
7.64 GOTO
7.64.1 GOTO のパラメータ
7.64.2 GOTO の使用例
7.65 GROUP_BY
7.65.1 GROUP_BY のパラメータ
7.65.2 GROUP_BY についてのコメント/警告
7.65.3 GROUP_BY の使用例
7.65.4 GROUP_BY の拡張可能なグループの例
7.66 GROUP_MAP
7.66.1 GROUP_MAP のパラメータ
7.66.2 GROUP_MAP の使用例
7.67 IF
7.67.1 IF のパラメータ
7.67.2 IF の使用例
7.68 IF_ERROR
7.68.1 IF_ERROR のパラメータ
7.68.2 IF_ERROR の使用例
7.69 IF_KEY
7.69.1 IF_KEY のパラメータ
7.69.2 IF_KEY についてのコメント/警告
7.69.3 IF_KEY の使用例
7.70 IF_MODE
7.70.1 IF_MODE のパラメータ
7.70.2 IF_MODE の使用例
7.71 IF_NULL
7.71.1 IF_NULL のパラメータ
7.71.2 IF_NULL についてのコメント/警告
7.71.3 IF_NULL の使用例
7.72 IF_REF
7.72.1 IF_REFのパラメータ
7.72.2 IF_REFの使用例
7.73 IF_STATUS
7.73.1 IF_STATUS のパラメータ
7.73.2 IF_STATUS についてのコメント/警告
7.73.3 IF_STATUS の使用例
7.74 IMPORT
7.74.1 IMPORTのパラメータ
7.74.2 IMPORTの使用例
7.75 INCLUDE
7.75.1 INCLUDE のパラメータ
7.75.2 INCLUDE についてのコメント/警告
7.75.3 INCLUDE の使用例
7.76 INSERT
7.76.1 INSERT のパラメータ
7.76.2 INSERT についてのコメント/警告
7.76.3 INSERT の使用例
7.77 INVOKE
7.77.1 INVOKEのパラメータ
7.77.2 INVOKEの使用例
7.78 INZ_LIST
7.78.1 INZ_LIST のパラメータ
7.78.2 INZ_LIST についてのコメント/警告
7.78.3 INZ_LIST の使用例
7.79 KEEP_AVG
7.79.1 KEEP_AVG のパラメータ
7.79.2 KEEP_AVG についてのコメント/警告
7.79.3 KEEP_AVG の使用例
7.80 KEEP_COUNT
7.80.1 KEEP_COUNT のパラメータ
7.80.2 KEEP_COUNT についてのコメント/警告
7.80.3 KEEP_COUNT の使用例
7.81 KEEP_MAX
7.81.1 KEEP_MAX のパラメータ
7.81.2 KEEP_MAX についてのコメント/警告
7.81.3 KEEP_MAX の使用例
7.82 KEEP_MIN
7.82.1 KEEP_MINのパラメータ
7.82.2 KEEP_MIN についてのコメント/警告
7.82.3 KEEP_MIN の使用例
7.83 KEEP_TOTAL
7.83.1 KEEP_TOTAL のパラメータ
7.83.2 KEEP_TOTAL についてのコメント/警告
7.83.3 KEEP_TOTAL の使用例
7.84 LEAVE
7.84.1 LEAVE のパラメータ
7.84.2 LEAVE についてのコメント/警告
7.84.3 LEAVE の使用例
7.85 LIST_MAP
7.85.1 LIST_MAP のパラメータ
7.85.2 LIST_MAP の使用例
7.86 LOC_ENTRY
7.86.1 LOC_ENTRY のパラメータ
7.86.2 LOC_ENTRY の使用例
7.87 MENU
7.87.1 MENU のパラメータ
7.87.2 MENU の使用例
7.88 MESSAGE
7.88.1 MESSAGE のパラメータ
7.88.2 MESSAGE についてのコメント/警告
7.88.3 MESSAGE の使用例
7.89 MTHROUTINE
7.89.1 MTHROUTINEのパラメータ
7.89.2 MTHROUTINEの使用例
7.90 ON_ERROR
7.90.1 ON_ERROR のパラメータ
7.90.2 ON_ERROR についてのコメント/警告
7.90.3 ON_ERROR の使用例
7.91 OPEN
7.91.1 OPEN のパラメータ
7.91.2 OPEN についてのコメント/警告
7.91.3 OPEN の使用例
7.92 OTHERWISE
7.92.1 OTHERWISE のパラメータ
7.92.2 OTHERWISE の使用例
7.93 OVERRIDE
7.93.1 OVERRIDE のパラメータ
7.93.2 OVERRIDE の使用例
7.94 PERFORM
7.94.1 PERFORMのパラメータ
7.94.2 PERFORMの使用例
7.95 PERSIST
7.95.1 PERSIST のパラメータ
7.95.2 PERSIST の使用例
7.96 POINT
7.96.1 POINT のパラメータ
7.96.2 POINT についてのコメント/警告
7.96.3 POINT の使用例
7.97 POP_UP
7.97.1 POP_UP のパラメータ
7.97.2 POP_UP についてのコメント/警告
7.97.3 POP_UP の使用例
7.98 PRINT
7.98.1 PRINT のパラメータ
7.98.2 PRINT の使用例
7.99 PTYROUTINE
7.99.1 PTYROUTINEのパラメータ
7.99.2 PTYROUTINEの使用例
7.100 RANGECHECK
7.100.1 RANGECHECK のパラメータ
7.100.2 RANGECHECK の使用例
7.101 RENAME
7.101.1 RENAME のパラメータ
7.101.2 RENAME についてのコメント/警告
7.101.3 RENAME の使用例
7.102 REQUEST
7.102.1 REQUEST のパラメータ
7.102.2 REQUEST についてのコメント/警告
7.102.3 REQUEST の使用例
7.103 RETURN
7.103.1 RETURN のパラメータ
7.103.2 RETURN の使用例
7.104 ROLLBACK
7.104.1 ROLLBACK のパラメータ
7.104.2 ROLLBACK の使用例
7.105 SELECT
7.105.1 SELECT のパラメータ
7.105.2 SELECT についてのコメント/警告
7.105.3 SELECT の使用例
7.106 SELECTLIST
7.106.1 SELECTLIST のパラメータ
7.106.2 SELECTLIST の使用例
7.107 SELECT_SQL
7.107.1 SELECT_SQL のパラメータ
7.107.2 SELECT_SQL の列名と列値
7.107.3 SELECT_SQL の使用例
7.107.4 SELECT_SQL の参考文献
7.107.5 SELECT-SQL の強制変換
7.108 自由形式のSELECT_SQL
7.108.1 自由形式のSELECT_SQLのパラメータ
7.108.2 自由形式のSELECT_SQLの使用例
7.108.3 自由形式のSELECT_SQLの参考文献
7.108.4 自由形式のSELECT-SQLの強制変換
7.109 SET
7.109.1 SETのパラメータ
7.109.2 SETの使用例
7.110 SET_ERROR
7.110.1 SET_ERROR のパラメータ
7.110.2 SET_ERROR の使用例
7.111 SET_MODE
7.111.1 SET_MODE のパラメータ
7.111.2 SET_MODE の使用例
7.112 SET_REF
7.112.1 SET_REFのパラメータ
7.112.2 SET_REFの使用例
7.113 SIGNAL
7.113.1 SIGNALのパラメータ
7.113.2 SIGNALの使用例
7.114 SKIP
7.114.1 SKIP のパラメータ
7.114.2 SKIP の使用例
7.115 SORT_LIST
7.115.1 SORT_LIST のパラメータ
7.115.2 SORT_LIST の使用例
7.116 SPACE
7.116.1 SPACE のパラメータ
7.116.2 SPACE の使用例
7.117 SRVROUTINE
7.117.1 SRVROUTINE のパラメータ
7.117.2 SRVROUTINE の使用例
7.118 SUBMIT
7.118.1 SUBMIT のパラメータ
7.118.2 SUBMIT についてのコメント/警告
7.118.3 SUBMIT の使用例
7.119 SUBROUTINE
7.119.1 SUBROUTINE のパラメータ
7.119.2 SUBROUTINE についてのコメント/警告
7.119.3 SUBROUTINE の使用例 - 1
7.119.4 SUBROUTINE の使用例 - 2
7.120 SUBSTRING
7.120.1 SUBSTRING のパラメータ
7.120.2 SUBSTRING の使用例
7.121 TRANSFER
7.121.1 TRANSFER のパラメータ
7.121.2 TRANSFER についてのコメント/警告
7.121.3 TRANSFER の使用例
7.122 UPD_ENTRY
7.122.1 UPD_ENTRY のパラメータ
7.122.2 UPD_ENTRY についてのコメント/警告
7.122.3 UPD_ENTRY の使用例
7.123 UPDATE
7.123.1 UPDATE のパラメータ
7.123.2 UPDATE についてのコメント/警告
7.123.3 UPDATE の使用例
7.124 UPRINT
7.124.1 UPRINTのパラメータ
7.124.2 UPRINT の使用例
7.125 USE
7.125.1 USE のパラメータ
7.125.2 USE の使用例
7.126 VALUECHECK
7.126.1 VALUECHECK のパラメータ
7.126.2 VALUECHECK の使用例
7.127 WEB_MAP
7.127.1 WEB_MAPのパラメータ
7.127.2 WEB_MAPの使用例
7.128 WEBROUTINE
7.128.1 WEBROUTINEのパラメータ
7.128.2 WEBROUTINEの使用例
7.129 WHEN
7.129.1 WHEN のパラメータ
7.129.2 WHEN の使用例
8. 組み込み関数
8.1 組み込み関数の規則
8.2 開発環境のみで使用される組み込み関数
8.3 ACCESS_FILE
8.4 ACCESS_RTE
8.5 ACCESS_RTE_KEY
8.6 ADD_DD_VALUES
8.7 ALLOW_EXTRA_USER_KEY
8.8 BCONCAT
8.9 BINTOHEX
8.10 BUILD_WORK_OPTIONS
8.11 CALL_SERVER_FUNCTION
8.12 CENTRE
8.13 CHANGE_IBM I_SIGNON
8.14 CHECK_AUTHORITY
8.15 CHECK_IBM I_SIGNON
8.16 CHECKNUMERIC
8.17 CHECKSTRING
8.18 CLR_MESSAGES
8.19 COMPARE_FILE_DEF
8.20 COMPILE_PROCESS
8.21 COMPILE_COMPONENT
8.22 COMPOSER_CALLF
8.23 COMPOSER_RUN
8.24 COMPOSER_USE
8.25 CONCAT
8.26 CONNECT_FILE
8.27 CONNECT_SERVER
8.28 CONVERTDATE
8.29 CONVERTDATE_NUMERIC
8.30 CONVERT_STRING
8.31 CREATE_SPACE
8.32 CREATE_PROMPT_FILE
8.33 DATEDIFFERENCE
8.34 DATEDIFFERENCE_ALPHA
8.35 DECRYPT
8.36 DEFINE_ANY_SERVER
8.37 DEFINE_DB_SERVER
8.38 DEFINE_OVERRIDE_FILE
8.39 DEFINE_OS_400_SERVER
8.40 DEFINE_OTHER_SERVER
8.41 DEFINE_SPACE_CELL
8.42 DELETE_CHECKS
8.43 DELETE_FUNCTION
8.44 DELETE_IN_SPACE
8.45 DELETE_LANSA_OBJECT
8.46 DELETE_PROCESS
8.47 DELETE_SAVED_LIST
8.48 DELETE_TRIGGERS
8.49 DELETE_WEB_COMPONENT
8.50 DESTROY_SPACE
8.51 DISCONNECT_FILE
8.52 DISCONNECT_SERVER
8.53 DLL
8.54 DLT_FIELD
8.55 DLT_FILE
8.56 DLT_PROCESS_ATTACH
8.57 DROP_DD_VALUES
8.58 DROP_EXTRA_USER_KEYS
8.59 ENCRYPT
8.60 END_FILE_EDIT
8.61 END_FUNCTION_EDIT
8.62 END_PROCESS_EDIT
8.63 END_RTV_SPLF_LIST
8.64 EXCHANGE_ALPHA_VAR
8.65 EXCHANGE_NUMERIC_VAR
8.66 EXCHANGE_VARIABLE
8.67 EXECUTE_TEMPLATE
8.68 EXPONENTIAL
8.69 EXPORT_OBJECTS
8.70 FETCH_IN_SPACE
8.71 FILE_FIELD
8.72 FILE_FIELD_VIRTUAL
8.73 FILLSTRING
8.74 FINDDATE
8.75 FINDDATE_ALPHA
8.76 FORMAT_STRING
8.77 GET_AUTHORITIES
8.78 GET_BIF_LIST
8.79 GET_CHAR_AREA
8.80 GET_COMPONENT_LIST
8.81 GET_COMPOSITION
8.82 GET_ENVIRONMENTS
8.83 GET_FIELD
8.84 GET_FIELD_INFO
8.85 GET_FIELD_LIST
8.86 GET_FILE_INFO
8.87 GET_FUNCTION_ATTR
8.88 GET_FUNCTION_INFO
8.89 GET_FUNCTION_LIST
8.90 GET_FUNCTION_RDML
8.91 GET_HELP
8.92 GET_ILENTRY_LIST
8.93 GET_KEYWORD_STRING
8.94 GET_LICENSE_STATUS
8.95 GET_LOGICAL_LIST
8.96 GET_MESSAGE
8.97 GET_MESSAGE_DESC
8.98 GET_MESSAGE_LIST
8.99 GET_ML_VARIABLE
8.100 GET_MULTVAR_LIST
8.101 GET_NUM_AREA
8.102 GET_PHYSICAL_LIST
8.103 GET_PROCESS_ATTR
8.104 GET_PROCESS_INFO
8.105 GET_PROCESS_LIST
8.106 GET_PRODUCT_ATTRIBS
8.107 GET_PROPERTIES
8.108 GET_REGISTRY_VALUE
8.109 GET_SESSION_VALUE
8.110 GET_SPLF_LIST_ENTRY
8.111 GET_SYSTEM_VARIABLE
8.112 GET_SYSVAR_LIST
8.113 GET_TASK_DETAILS
8.114 GET_TASK_LIST
8.115 GET_TEMPLATE_LIST
8.116 GET_WEB_COMPONENT
8.117 HEXTOBIN
8.118 IMPORT_OBJECTS
8.119 INSERT_IN_SPACE
8.120 ISSUEINQUIRY
8.121 ISSUEMESSAGE
8.122 JSM_CLOSE
8.123 JSM_COMMAND
8.124 JSM_OPEN
8.125 JSMX_CLOSE
8.126 JSMX_COMMAND
8.127 JSMX_OPEN
8.128 LEFT
8.129 LIST_PRINTERS
8.130 LOAD_FILE_DATA
8.131 LOAD_OTHER_FILE
8.132 LOCK_OBJECT
8.133 LOGICAL_KEY
8.134 LOGICAL_VIEW
8.135 MAIL_ADD_ATTACHMENT
8.136 MAIL_ADD_ORIGINATOR
8.137 MAIL_ADD_RECIPIENT
8.138 MAIL_ADD_TEXT
8.139 MAIL_SEND
8.140 MAIL_SET_OPTION
8.141 MAIL_SET_SUBJECT
8.142 MAIL_START
8.143 MAKE_FILE_OPERATIONL
8.144 MAKE_SOUND
8.145 MESSAGE_BOX_ADD
8.146 MESSAGE_BOX_APPEND
8.147 MESSAGE_BOX_CLEAR
8.148 MESSAGE_BOX_SHOW
8.149 MESSAGE_COLLECTOR
8.150 NUMERIC_STRING
8.151 OBJECT_PROPAGATE
8.152 PACKAGE_BUILD
8.153 PACKAGE_CREATE
8.154 PHYSICAL_KEY
8.155 PUT_CHAR_AREA
8.156 PUT_COND_CHECK
8.157 PUT_DATE_CHECK
8.158 PUT_FIELD
8.159 PUT_FIELD_ML
8.160 PUT_FILE_CHECK
8.161 PUT_FILE_ML
8.162 PUT_FUNCTION_ATTR
8.163 PUT_FUNCTION_ML
8.164 PUT_FUNCTION_RDML
8.165 PUT_HELP
8.166 PUT_ML_VARIABLE
8.167 PUT_NUM_AREA
8.168 PUT_PROCESS_ACTIONS
8.169 PUT_PROCESS_ATTACH
8.170 PUT_PROCESS_ATTR
8.171 PUT_PROCESS_ML
8.172 PUT_PROGRAM_CHECK
8.173 PUT_RANGE_CHECK
8.174 PUT_REGISTRY_VALUE
8.175 PUT_SYSTEM_VARIABLE
8.176 PUT_TRIGGER
8.177 PUT_VALUE_CHECK
8.178 PUT_WEB_COMPONENT
8.179 RANDOM_NUM_GENERATOR
8.180 RCV_FROM_DATA_QUEUE
8.181 REBUILD_FILE
8.182 REBUILD_TABLE_INDEX
8.183 RESET_@@UPID
8.184 RESTORE_SAVED_LIST
8.185 REVERSE
8.186 RIGHT
8.187 ROUND
8.188 SAVE_LIST
8.189 SCANSTRING
8.190 SELECT_IN_SPACE
8.191 SELECTNEXT_IN_SPACE
8.192 SET_ACTION_BAR
8.193 SET_AUTHORITY
8.194 SET_DD_ATTRIBUTES
8.195 SET_FILE_ATTRIBUTE
8.196 SET_FOR_HEAVY_USAGE
8.197 SET_FOR_LIGHT_USAGE
8.198 SET_SESSION_VALUE
8.199 SHOW_HELP
8.200 SND_TO_DATA_QUEUE
8.201 SPACE_OPERATION
8.202 SQUARE_ROOT
8.203 START_FILE_EDIT
8.204 START_FUNCTION_EDIT
8.205 START_PROCESS_EDIT
8.206 START_RTV_SPLF_LIST
8.207 STM_FILE_CLOSE
8.208 STM_FILE_OPEN
8.209 STM_FILE_READ
8.210 STM_FILE_WRITE
8.211 STM_FILE_WRITE_CTL
8.212 SYSTEM_COMMAND
8.213 TCONCAT
8.214 TEMPLATE_@@ADD_LST
8.215 TEMPLATE_@@CANSNNN
8.216 TEMPLATE_@@CLR_LST
8.217 TEMPLATE_@@GET_FILS
8.218 TEMPLATE_@@NANSNNN
8.219 TEMPLATE_@@SET_FILS
8.220 TEMPLATE_@@SET_IDX
8.221 TRANSFORM_FILE
8.222 TRANSFORM_LIST
8.222.1 出力ファイル形式
サポートされるdBASE III PLUSフィールド・フォーマット
8.222.2 その他のパラメータ
8.223 UNLOAD_FILE_DATA
8.224 UNLOCK_OBJECT
8.225 UPDATE_IN_SPACE
8.226 UPPERCASE
8.227 WEBQ_RECEIVE
8.228 WEBQ_SEND
8.229 ZIP_ADD
8.230 ZIP_DELETE
8.231 ZIP_EXTRACT
8.232 ZIP_GET_INFO
8.233 ZIP_MAKE_EXE
9. 組み込みファンクション
9.1 組み込みファンクションについて
9.2 複数の組み込みファンクションの連鎖的結合
9.3 Isxxxxxx組み込みファンクション
9.4 Asxxxxxx組み込みファンクション
9.5 フィールド型組み込みファンクション
9.5.1 FieldDecimals
9.5.2 FieldLength
9.5.3 FieldType
9.5.4 IsDefault
9.5.5 FieldAttributeAsString
9.6 Alphanumeric/String 型組み込みファンクション
9.6.1 AsBoolean
9.6.2 AsDate
9.6.3 AsDateTime
9.6.4 AsDBCSFixedChar
9.6.5 AsDBCSString
9.6.6 AsFixedChar
9.6.7 AsFloat
9.6.8 AsInteger
9.6.9 AsNumber
9.6.10 AsSBCSString
9.6.11 AsTime
9.6.12 AsValue
9.6.13 BlankConcat
9.6.14 ByteTypeAt
9.6.15 Center および Centre
9.6.16 CharTypeAt
9.6.17 Concat
9.6.18 Contains
9.6.19 ContainsOnly
9.6.20 CurChars
9.6.21 CurEbcdicSize
9.6.22 CurSize
9.6.23 DeleteSubstring
9.6.24 FieldDefault
9.6.25 InsertString
9.6.26 IsBoolean
9.6.27 IsDate
9.6.28 IsDateTime
9.6.29 IsDbcs
9.6.30 IsFloat
9.6.31 IsMixed
9.6.32 IsNull
9.6.33 IsNumber
9.6.34 IsSbcs
9.6.35 IsSqlNull
9.6.36 IsTime
9.6.37 LastPositionIn
9.6.38 LastPositionOf
9.6.39 LeftMost
9.6.40 LeftTrim
9.6.41 LowerCase
9.6.42 OccurencesIn
9.6.43 OccurencesOf
9.6.44 PositionIn
9.6.45 PositionOf
9.6.46 Remove
9.6.47 RemoveAll
9.6.48 RemoveCharacters
9.6.49 Repeat
9.6.50 Replace
9.6.51 ReplaceAll
9.6.52 ReplaceSubstring
9.6.53 Reverse
9.6.54 RightAdjust
9.6.55 RightMost
9.6.56 RightTrim
9.6.57 Substitute
9.6.58 Substring
9.6.59 TranslateCharacters
9.6.60 Trim
9.6.61 TrimBlankConcat
9.6.62 TrimConcat
9.6.63 TrimSubstitute
9.6.64 UpperCase
9.7 Boolean 型組み込みファンクション
9.7.1 And
9.7.2 AsNumber
9.7.3 AsString
9.7.4 AsValue
9.7.5 IsFalse
9.7.6 IsNull
9.7.7 IsSqlNull
9.7.8 IsTrue
9.7.9 Not
9.7.10 Or
9.8 Date 型組み込みファンクション
9.8.1 Adjust
9.8.2 AsDateTime
9.8.3 AsDayofWeek
9.8.4 AsDays
9.8.5 AsDisplayString
9.8.6 AsNumber
9.8.7 AsString
9.8.8 AsValue
9.8.9 Day
9.8.10 Difference
9.8.11 IsNull
9.8.12 IsSqlNull
9.8.13 Month
9.8.14 Now
9.8.15 Year
9.9 DateTime 型組み込みファンクション
9.9.1 AsDisplayString
9.9.2 AsCustomDisplayString
9.9.3 AsLocalizedDateTime
9.9.4 AsNumber
9.9.5 AsSeconds
9.9.6 AsString
9.9.7 AsUniversalDateTime
9.9.8 AsValue
9.9.9 Date
9.9.10 FractionalSeconds
9.9.11 IsNull
9.9.12 IsSqlNull
9.9.13 Now
9.9.14 Time
9.10 Time 型組み込みファンクション
9.10.1 Adjust
9.10.2 AsDateTime
9.10.3 AsDisplayString
9.10.4 AsNumber
9.10.5 AsSeconds
9.10.6 AsString
9.10.7 AsValue
9.10.8 Difference
9.10.9 Hour
9.10.10 IsNull
9.10.11 IsSqlNull
9.10.12 Minute
9.10.13 Now
9.10.14 Second
9.11 ラージ・オブジェクト型組み込みファンクション
9.11.1 AsValue
9.11.2 Filename
9.11.3 IsNull
9.11.4 IsSqlNull
9.12 Binary 型組み込みファンクション
9.12.1 AsByte
9.12.2 AsInteger
9.12.3 AsString
9.12.4 CurSize
9.12.5 IsNull
9.12.6 IsSqlNull
9.12.7 AsHexString
9.12.8 AsHexToInt
9.13 10進数型組み込みファンクション
9.13.1 AsValue
9.14 固定小数点型組み込みファンクション
9.14.1 AsFloat
9.14.2 AsString
9.14.3 Bound
9.14.4 IsBetween
9.14.5 Max
9.14.6 Min
9.14.7 Pred
9.14.8 Round
9.14.9 Succ
9.15 浮動小数点型組み込みファンクション
9.15.1 Add
9.15.2 AsDecimal
9.15.3 AsString
9.15.4 AsValue
9.15.5 Bound
9.15.6 Divide
9.15.7 IsBetween
9.15.8 Max
9.15.9 Min
9.15.10 Multiply
9.15.11 Pred
9.15.12 Subtract
9.15.13 Succ
9.15.14 Sine
9.15.15 ArcSine
9.15.16 SineH
9.15.17 Cosine
9.15.18 ArcCosine
9.15.19 CosineH
9.15.20 Tangent
9.15.21 ArcTangent
9.15.22 TangentH
9.15.23 ArcTangent2
9.15.24 FAbs
9.15.25 FMod
9.15.26 Power
9.15.27 SQRT
9.15.28 Exponential
9.15.29 Logarithm
9.15.30 Logarithm10
9.15.31 IsNANorND
9.16 Integer 型組み込みファンクション
9.16.1 バイナリー文字列変換
9.16.2 AsBinString
9.16.3 AsByte
9.16.4 AsChar
9.16.5 AsValue
9.16.6 BitAnd
9.16.7 BitNot
9.16.8 BitOr
9.16.9 BitXOr
9.16.10 Mod
9.16.11 Div
9.16.12 AsUnicodeString
9.17 Unicode 文字列ファンクション
9.17.1 AsCodePoint
9.17.2 AsNativeString
10. システム変数および言語変数
10.1 システム変数の定義
10.1.1 [変数名]
10.1.2 [記述]
10.1.3 [取出方法]
10.1.4 [データタイプ]
10.1.5 [全桁数]
10.1.6 [小数点桁数]
10.1.7 [プログラムタイプ]
10.1.8 [名前]
10.2 搭載されているシステム変数
10.2.1 一般のシステム変数
*GUID システム変数
10.2.2 ユーザー認証システム変数
10.2.3 ファンクションのみで有効な変数
10.2.4 特殊変数
システム評価プログラムで使用するシステム変数
I/O 状況をテストするシステム変数
10.2.5 スーパーサーバー・システム変数
10.2.6 組み込み関数で使う変数
10.3 複数言語対応テキスト変数
10.3.1 [MTXT変数名]
10.3.2 [最大長]
10.3.3 [値]
11. RDMLX機能
11.1 コンポーネントの変数と値
11.1.1 プロパティ値の参照
11.1.2 2 コンポーネントの総称参照 Com_Owner、Com_AncestorおよびCom_Self
11.1.3 バリアント型変数
11.1.4 修飾されたプロパティ
11.2 関数ライブラリ
11.3 バリアントの処理
11.3.1 VarAsBoolean
11.3.2 VarAsDecimal
11.3.3 VarAsInteger
11.3.4 VarAsReference
11.3.5 VarAsString
11.3.6 VarIsBoolean
11.3.7 VarIsEmpty
11.3.8 VarIsNull
11.3.9 VarIsNullReference
11.3.10 VarIsNumber
11.3.11 VarIsReference
11.3.12 VarIsString
11.3.13 VarType
11.4 式の機能強化
11.4.1 値として式を指定できる箇所
11.4.2 式の中のメソッド
11.4.3 メソッドの結果
11.4.4 名前付きのパラメータ
11.4.5 *Not演算子
11.4.6 *IS演算子と*ISNOT演算子
11.4.7 *IsEqualTo演算子と*IsOfType演算子
11.4.8 *AS演算子
11.4.9 *ANDIF論理演算子と*ORIF論理演算子
12. RDML 形式、値、コード
12.1 LANSAオブジェクト名
12.2 日付形式
12.3 標準フィールド編集コード
12.4 RDMLフィールド属性およびその使用法
12.4.1 出力専用属性
12.4.2 フィールド条件付け属性
12.4.3 フィールド表示属性
12.4.4 フィールド識別属性
12.4.5 フィールド位置属性
12.4.6 非表示フィールド属性と選択フィールド属性
12.4.7 新規形式属性と繰り返し属性
12.4.8 印刷制御属性
12.5 RDML I/O戻りコード
12.6 ヘルプ・テキストの拡張&代替値
12.6.1 代替値/制御値
12.6.2 代替値/制御値 - Visual LANSAのみ
12.6.3 ヘルプ・テキストの属性
13. 共通のRDML/Xパラメータと組み込み関数の注意事項
13.1 RDMLコマンドのパラメータ
13.1.1 I/Oコマンド
I/Oコマンドでのファイル名の指定
I/Oコマンドでのファイル・キー・リストの指定
I/OコマンドでのWHEREパラメータの指定
I/Oコマンド戻りコード表
レコードがロックされているI/O状況
13.1.2 フィールド・グループおよび拡張可能なグループ
拡張可能グループ
拡張可能なグループに関する特記事項
拡張可能なグループ式
拡張可能なグループの例
13.1.3 RDML画面モードとモード依存コマンド
モードと変更可能なフィールド
モード、ファンクション・キー、処理ロジック
モード依存コマンド
13.1.4 条件および式の指定
13.1.5 算術演算子および式の演算子
13.1.6 引用符および引用文字列
13.1.7 Prompt_Key の処理
13.2 組み込み関数の注意事項
13.2.1 データベース接続
13.2.2 電子メール組み込み関数に関する注意
13.2.3 Zip組み込み関数
14. テンプレート・コマンドと変数
14.1 @@CLR_LSTコマンド
14.2 @@CMP_IDXコマンド
14.2.1 @@CMP_IDX の例
14.3 @@COMMENTコマンド
14.4 @@DEC_IDXコマンド
14.5 @@GET_FILSコマンド
14.6 @@GOTOコマンド
14.7 @@IFコマンド
14.8 @@INC_IDXコマンド
14.9 @@LABELコマンド
14.10 @@MAK_LSTSコマンド
14.11 @@MRG_LSTSコマンド
14.12 @@QUESTIONコマンド
14.13 @@RTV_FLDSコマンド
14.14 @@RTV_KEYSコマンド
14.15 @@RTV_RELNコマンド
14.16 @@SET_IDXコマンド
14.17 一般のテンプレート変数
14.18 問い合わせ/回答の処理に使うテンプレート変数
14.19 ファイル・テンプレート変数
14.20 リスト・テンプレート変数
14.21 テンプレートのエラー・メッセージ
14.22 テンプレートのプログラミングのヒント
14.22.1 コマンド・エラーの受け入れ
14.22.2 エラーのある状態でのEDTSRC/SEUによる強制更新
14.22.3 二重括弧の落とし穴
14.22.4 代替セッションによる検査
14.22.5 特別なテンプレート変数に関する注意点
14.23 アプリケーション・テンプレート例
14.23.1 単純なデータ入力プログラム
14.23.2 ヘッダー/明細スタイルの問い合わせプログラム
15. 外部リソースの定義
15.1 外部リソースの名前
15.2 外部リソースLANSAフォルダ
15.3 外部リソースのファイル名
15.4 外部リソースの記述
15.5 外部リソースのコンテンツ・タイプ
15.6 外部リソースのコードページ
16. WindowsおよびLinuxに関する考慮事項
16.1 レポートに関する考慮事項
16.2 ジョブ番号
16.3 バッチ・ジョブ
16.4 IBM i ジョブ待ち行列エミュレーション
16.4.1 X_JOBQ.DATファイルの設定
16.4.2 ジョブ待ち行列の開始と停止、保留と保留解除
16.4.3 ジョブ待ち行列の優先順位
16.4.4 ジョブ待ち行列モニターの追加パラメータ
16.4.5 ネットワーク経由のジョブ投入
16.4.6 実装、パフォーマンスおよびスループット
16.4.7 ジョブ待ち行列詳細の暗号化
16.5 RUNSQL ユーティリティ
16.5.1 構成時の注意 – テーブルおよびインデックスの作成
16.6 フォントに関する考慮事項
16.7 RDMLウィンドウのサイズ調整
16.8 Windows 64 ビットサポート
16.9 Linuxの相違点
16.10 コード・ページに関する考慮事項
16.11 地域設定
17. 実行制御
17.1 フロントエンドのX_STARTでX_RUNを実行
17.1.1 ルール、制限およびガイドライン
17.1.2 コマンドと特殊変数
17.2 X_RUNコマンド
17.3 X_RUNパラメータ概要
17.4 X_RUN パラメータ詳細
17.4.1 ユーザーIDおよびパスワードの省略値
17.4.2 DBCF フラグ
接続アルゴリズム
SQL Anywhere
Oracle
SQLサーバー
その他のデータベース
17.4.3 DBID、DBUT、DBII、DBITのパラメータ
17.4.4 DBSS パラメータ - パフォーマンス・チューニング
17.4.5 FXQX パラメータ
17.4.6 HSKC パラメータ
17.4.7 INIT および TERM パラメータ
17.4.8 ITxx - トレースのパラメータ
17.4.9 ODBA パラメータ
17.4.10 ODBI パラメータ
17.4.11 PROG パラメータ
17.4.12 PSxx サーバー・パラメータ
PSUS (プライマリ・サーバー・ユーザー)
PSEA (プライマリ・サーバー例外引数)
PSRA (プライマリ・サーバー・ルート証明機関)
PSRR (プライマリ・サーバー・ルート・リポジトリ)
PSTC (プライマリ・サーバー・セキュリティ接続)
PSTY (プライマリ・サーバー・タイプ)
17.4.13 QUETおよびFATL パラメータ (オペレーションの抑止モードと致命的エラー)
17.4.14 RRNAおよびRRNB パラメータ - パフォーマンス調整
17.4.15 TPTH パラメータ
17.4.16 WDTM パラメータ (Windows デスクトップ ヒープ)
17.4.17 WPxx - Windows印刷拡張機能
WPEN (Windows印刷対応)
WPPN (Windows印刷プリンター名)
WPPS (Windows印刷設定ファイル)
WPPD (Windows印刷ダイアログ)
WPFD (Windows印刷フォント・ダイアログ)
WPDF (Windows印刷省略値フォント)
WPDS (Windows印刷省略値フォント・サイズ)
WPFO (Windows印刷固定ピッチのみ)
WPAS (Windows印刷自動引き伸ばし)
Q&A
17.4.18 XCMD パラメータ
17.5 X_RUNパラメータの永久指定
17.5.1 アイコンにX_RUNコマンドを指定しない理由
17.5.2 環境変数の使用
17.5.3 プロファイル・ファイル X_LANSA.PRO の使用
17.6 データベース接続
17.7 .XQ*ファイル
17.7.1 .XQ*ファイルを使った設定のヒント
17.8 ロックのタイムアウト
17.8.1 ロックのタイムアウトを構成
17.8.2 ロックのタイムアウトの例
Adaptive Server Anywhere 9.0
SQLサーバー 2005
Oracle 10.2 - 接続ロック
Oracle 10.2 - ステートメント・ロック
PC外部ファイル
17.8.3 実装技術の詳細
17.8.4 X_DBMENV.DAT ファイル