7.12 CHANGE

Þ: 利用法の確認

CHANGE コマンドは、フィールドの値を変更するために使用します。

FIELD パラメータは、このコマンドによって内容を変更するフィールドの名前を指定します。

FIELD パラメータでグループ名または拡張可能なグループ式を指定し、このコマンドで内容を変更するグループまたはフィールドのリストを間接的に示すこともできます。

FIELD パラメータで特定のフィールドではなくグループまたはリスト名を指定する場合、VALUE パラメータに指定できる値は、特別な値 *NULL、*SQLNULL、*DEFAULT、*NAVAIL、*LOVAL、または *HIVAL のいずれかのみです。拡張可能な式を使用する場合、式はフィールド自体に置き換えられるため、この制約は適用されません。

VALUE パラメータでは、FIELD パラメータで指定されたフィールドの内容を変更するための式を指定できます。

移植性に関する考慮事項

パラメータのセクションの PRECISION ROUND_UP 、および TO を参照してください。

『LANSA アプリケーション設計ガイド』「可搬性に関する考慮事項」も参照してください。

参照

7.12.1 CHANGE のパラメータ

7.12.2 CHANGE についてのコメント/警告

7.12.3 CHANGE の使用例

                                                         必須

 

  CHANGE ------- FIELD -------- フィールド/リスト名 ----------->

                                拡張可能なグループ式      

 

             >-- TO ----------- 値 -------------------------->

 

 -----------------------------------------------------------------

                                                         任意指定

 

             >-- PRECISION ---- *COMPUTE ---- *COMPUTE --------->

                               合計桁数  合計小数点以下桁数

 

             >-- ROUND_UP ----- *NO ----------------------------|

                                *YES