7.23.1 DEF_FOOT のパラメータ

ACROSS_SEP

DESIGN

DOWN_SEP

FIELDS

FOR_REPORT

IDENTIFY

NAME

TEXT

NAME

このコマンドで定義するレポート印刷行のグループに付ける名前を指定します。指定する名前は、ファンクション内で固有でなければなりません。

FIELDS

レポートに印刷するフィールドを指定します。このパラメータでは、拡張可能なグループ式を使用できます。

RDMLフィールドのみサポートします。

TEXT

画面パネルまたはレポート上に出力する最大50個の「テキスト文字列」 を指定できます。指定する各テキスト文字列は、最大20文字に制限されます。

テキスト文字列を指定する際は、テキスト文字列の後に、そのテキスト文字列を画面パネルまたはレポートに出力する行番号と列/位置番号を指定します。

例えば:

TEXT(('ACME' 6 2)('ENGINEERING' 7 2))
 

この場合、2つのテキスト文字列は、それぞれ6行目の2番目の位置と7行目の2番目の位置に出力されます。

移植性に関する考慮事項

Visual LANSAでこのパラメータを編集するときは、必ず、テキストをテキスト・マップで置き換える画面またはレポート・ペインターを使用してください。コマンド・プロンプトや自由形式のエディターでテキストを入力しないでください。LANSA/ADにチェックインしたときに、全構文検査に失敗します。

すべてのプラットフォーム

テキスト・マップは、画面パネルまたはレポート行に関連付けられたすべてのテキスト文字列の詳細を保管するために、画面またはレポート設計機能で使用されます。

画面またはレポートのレイアウトを「構成」して保管すると、レイアウトに含まれるすべてのテキストの詳細が「テキスト・マップ」に保管されます。このテキスト・マップは、再度「ペインター」を使用することで変更できます。

テキスト・マップの存在は、以下の例のようなTEXTパラメータで示されます。

TEXT((*TMAPnnn 1 1))
 

ここで、"nnn"は、保管されているテキスト・マップを識別する (このファンクション内で) 固有の番号です。

以下の「テキスト・マップ」および*TMAPnnn識別子に関する非常に重要な事柄について理解しておく必要があります。

FOR_REPORT

このコマンドを関連付けるレポートを指定します。1つのファンクションで一度に生成できるレポートは最大8個です。各レポートは1~8の番号で識別されます。このレポートのデフォルト値はレポート番号1です。

DESIGN

特定の位置決め属性を持たないフィールドに対して使用する設計/位置決め方法を指定します。

DEF_FOOTコマンドのデフォルト値*ACROSSを指定した場合、フィールドは、レポート行「全体」に(すなわち、左から右へ)配置されます。

*DOWNを指定した場合、フィールドは、レポート・ページの「下方向」へ(すなわち、上から下へ)配置されます。

IDENTIFY

特定の識別属性を持たないフィールドに対して使用するデフォルトの識別方法を指定します。

DEF_FOOTコマンドのデフォルト値*LABELを指定した場合、フィールドは、それに関連付けられたラベルで識別されます。

*COLHDGを指定した場合、フィールドは、それに関連付けられた欄見出しで識別されます。

*NOIDを指定した場合、フィールドの識別が要求されず、単にフィールド自体がレポート行に挿入されます。

DOWN_SEP

レポートの自動設計時に使用するレポートの行間隔を指定します。指定する値は、1~10の数値でなければなりません。DEF_FOOTコマンドのデフォルト値は1です。

ACROSS_SEP

レポートの自動設計時に使用するレポートの列間隔を指定します。指定する値は、0~10の数値でなければなりません。DEF_FOOTコマンドのデフォルト値は5です。