7.24 DEF_HEAD

Þ: 利用法の確認

DEF_HEADコマンドは、レポートに含める見出し行を1行以上定義するために使用します。

フィールドタイプは、Alpha、Packed、およびSignedのみ指定できます。RDMLXフィールド・タイプは指定できません。

見出し行は、TRIGGER_BYパラメータで指定された条件に適合している場合のみ印刷され、レポート内で新しいページを開始またはトリガーするために使用されます。

DEF_HEADコマンドを使用する前に、『Visual LANSA 開発者ガイド』「LANSAによるレポート作成」をお読みください。

移植性に関する考慮事項

パラメータTEXT を参照してください。

参照

7.24.1 DEF_HEAD のパラメータ

7.24.2 DEF_HEAD についてのコメント/警告

7.24.3 DEF_HEAD の使用例

                                                         必須

  DEF_HEAD ----- NAME --------- 見出しグループ名 ---------->

 -----------------------------------------------------------------

                                                         任意指定

             >-- FIELDS ------- フィールド名  フィールド属性 --->

                                |           |               | |

                                |            --- 最大7 -----  |

                                | 拡張可能なグループ式 |

                                 ------ 最大100 --------------

             >-- TRIGGER_BY --- *OVERFLOW ---------------------->

                                フィールド名のリスト

                               |拡張可能なグループ式|

                                --------最大20 ------------

             >-- TEXT --------- 'テキスト' --- 行/ --- 位置 -->

                               |           行       列   |

                                ----------- 最大50 -----------

                                 *TMAPnnn  1  1  (特別な値)

             >-- FOR_REPORT --- 1 ------------------------------>

                                レポート番号1~8

             >-- DESIGN ------- *ACROSS ------------------------>

                                *DOWN

             >-- IDENTIFY ----- *LABEL ------------------------->

                                *COLHDG

                                *NOID

             >-- DOWN_SEP ----- 1 ------------------------------>

                                10進数値

             >-- ACROSS_SEP --- 5 ------------------------------|

                                10進数値