17.2 X_RUNコマンド

X_RUNコマンドは、コマンド行またはプログラムアイコンからアプリケーションを実行するのに使用されます。このコマンドは、LANSAの実行環境を開始し、指定されたアプリケーションを実行します。

X_RUNには使われるプラットフォームによって異なる多数の強制およびオプションのパラメータがあります。

例えば、次の X_RUNコマンドは、メニューMYPROC:を表示するのに使用されます。

 X_RUN PROC=MYPROC PART=DEM LANG=ENG

             USER=USERID DBID=LX_LANSA

Linux環境では、この X_RUN コマンドは、MYREPTレポート関数を MYPROC プロセスで使い、プリンター lp0 でレポートを印刷するのに使用されます。

 X_RUN PROC=MYPROC FUNC=MYREPT PART=DEM LANG=ENG

            USER=USERID DBID=LANSA PRTR=lp0

X_RUNコマンドは、以下の場所に格納されています。

X_RUNコマンドには、標準パラメータとより高度な用途のためのパラメータがあります。これらのパラメータは、「17.3 X_RUNパラメータ概要」と「17.4 X_RUN パラメータ詳細」に記述されます

X_RUNパラメータとその引数は、永久に指定することができます。その方法は、「17.5 X_RUNパラメータの永久指定」に説明されています。

アプリケーション開発者が使用するために設計されているため、X_STARTは、X_RUNパラメータをプロンプトするシンプル・ユーティリティです。
詳細については、「17.1 フロントエンドのX_STARTでX_RUNを実行 」を参照してください。