17.4.10 ODBI パラメータ

ODBIパラメータは、すべてのODBCデータベース接続のトランザクション分離レベルを指定するために使われます。

省略値は0です。

有効値は次のテーブルの通りです。その他の値は無視され、省略値のトランザクション分離レベルが使われます。すべてのトランザクション分離レベルをサポートせず、トランザクション分離レベルの設定を試みるとエラーを返すODBC ドライバーもあります。

注:この値は、実行中のアプリケーションのすべてのODBCデータベースへの接続に影響します。したがって、この値を指定する場合は慎重な検討が必要です。これは、ユーザー、アプリケーションの開発者およびユーザーが選択したデータベース管理システムとの間での問題です。

トランザクション分離レベル

意味

0

SQL_TXN_READ_COMMITTED

データベースの省略値の方が大きい場合以外、値2を参照します。

1

SQL_TXN_READ_UNCOMMITTED

ダーティー・リード、非再現リードおよびファントムが使えます。これは、SQL Anywhereの省略値です。

2

SQL_TXN_READ_COMMITTED

ダーティー・リードは使えません。非再現リードおよびファントムが使えます。これは、OracleとSQLサーバーの省略値です。

3

SQL_TXN_REPEATABLE_READ

ダーティー・リードおよび非再現リードは使えません。ファントムは使えます。

4

SQL_TXN_SERIALIZABLE

トランザクションは直列可能です。ダーティー・リード、非再現リードおよびファントムは使えません。

6

SQL Serverのみ。SQL_TXN_SS_SNAPSHOT

LANSAのWebサイトのヒントとテクニックの中の 「LANSAおよびSQL Server構成オプション」(英語)を参照してください。

 

 

各プラットフォームの注意事項

IBM i:

以下も参照してください。

LANSA アプリケーション設計ガイド』の「コミットメント制御」