WPFD (Windows印刷フォント・ダイアログ)

アプリケーションのユーザーに、標準のWindowsフォント・ダイアログを通じて、いつ、どのようにフォントの詳細を選択するようにダイアログを表示するかを制御します。このパラメータに指定できる値は以下のとおりです。

 WPFD=D  (省略値)

ユーザーにダイアログは表示されず、省略値のフォントが使われます。

 WPFD=F  (初回)

ユーザーには、初回に (X_RUNプロセス内で) レポートの印刷ダイアログが表示され、それ以降、ダイアログは表示されずに選択されたフォントがすべてのレポートに使われます。  

 WPFD=E (毎回)

ユーザーには、毎回 (X_RUNプロセス内で) レポートの印刷ダイアログが表示されます。

 WPFD=A (自動的)

ユーザーには、初回に (X_RUNプロセス内で) レポートの印刷ダイアログが表示され、それ以降は最後に印刷されたレポートと特性が異なるレポートが印刷される場合のみダイアログが表示されます。違いを確認されるレポートの特性は、レポートの幅、ページの長さ、オーバーフロー行および記述の最終行です。

省略値は WPFD=Aです。

バッチ・モードにおいて、X_RUNは、パラメータが実際に指定された値にかかわらず、常にWPFD=D (省略値) として扱われるよう命令します。これは、バッチ・モードのコマンドがユーザー・インターフェース (UI) にアクセスできず、したがって、ユーザーにフォント・ダイアログを表示できないためです。