16.4.3 ジョブ待ち行列の優先順位

ジョブ待ち行列モニターは、IBM i のジョブ待ち行列の優先順位のコンセプトをサポートします。

IBM i 環境では、ジョブ待ち行列の優先順位は、それに基いてジョブが投入されるジョブ記述で決定されます。

ジョブ待ち行列上の各ジョブは、0から9までの優先順位を割り当てられます。

最も優先順位の低い値 (0に最も近い値)のジョブは、最初に実行します (待ち行列上で最も優先順位が高い)。

優先順位の値が1つの場合、ジョブは待ち行列上での到着順に実行されます。

投入するジョブのジョブ待ち行列の優先順位は、提供された組み込み関数 SET_SESSION_VALUE を使用して制御することもできます。

省略値の優先順位の値は、5です。