7.46 ENDPRINT

Þ: 利用法の確認

ENDPRINTコマンドは、PRINTまたはUPRINTコマンドによって開かれたプリンター・ファイルを終了し (閉じ)、レポートに印刷されたページ数を示すメッセージを発行するために使用します。

プリンター・ファイルがPRINTまたはUPRINTコマンドで開かれ、RDML プログラム内にENDPRINTコマンドが存在しない場合、ファンクションの終了時にそのプリンター・ファイルは自動的に閉じられます。

開かれていないレポートに対して実行されたENDPRINTコマンドは無視されます。

移植性に関する考慮事項

UPRINTコマンドが関連付けられている場合に、Visual LANSAコード内で使用すると、ビルド警告が生成され、実行時にエラーが発生します。この機能を使用するコードは、この環境で実行されないように条件付けすることができます。

他のレポート・コマンド(PRINT、SKIP、SPACEなど)に関連付けられている場合は、完全にサポートされます。

参照

7.46.1 ENDPRINT のパラメータ

7.46.2 ENDPRINT の使用例

                                                         任意指定

 

  ENDPRINT ----- REPORT_NUM ---- 1 ----------------------------->

                                 レポート番号1~8

 

             >-- IO_STATUS ---- *STATUS ------------------------>

                                フィールド名

 

             >-- IO_ERROR ----- *ABORT -------------------------|

                                *NEXT

                                *RETURN

                                ラベル