7.52.1 EXCHANGE のパラメータ

FIELDS

OPTION

FIELDS

交換するフィールドの名前、または交換するフィールドを定義するグループの名前を指定します。フィールド名およびグループ名の指定方法の詳細については、「フィールド・グループおよび拡張可能なグループ」を参照してください。または、このパラメータに拡張可能なグループ式を入力することもできます。

サーバーを使用して、またはジョブ待ち行列を通して交換する場合、ファイル名だけでなくBLOB/CLOBの内容も移動します。これは、通信リンクの反対側でもファイルが見える必要があるためです。

OPTION

指定したフィールドを交換するタイミングを指定します。

デフォルト値*NOWまたはNを指定した場合、指定したすべてのフィールドが直ちに(すなわち、プログラム・ロジックのこの時点で)交換リストにマッピングされます。このタイプのEXCHANGEコマンドは、RDMLプログラムのこの時点でのみフィールドを交換リストに配置することから、実行可能なコマンドとして見なされます。

*NOWまたはN以外に指定できる値は、*ALWAYSまたはAです。この値を指定した場合、指定したすべてのフィールドが、プログラム実行中の事前に定義された複数の時点で交換リストに自動的にマッピングされます。これらの事前に定義された時点には以下のものがあります。

OPTION(*ALWAYS)を指定した場合に作成されるEXCHANGEコマンドは、プログラム内で直接実行されないことから宣言コマンドと見なされ、特定のロジックをプログラム内の他の(事前に定義された)時点で実行することを宣言します。このタイプのEXCHANGEコマンドは、一般にはプログラムの先頭にコーディングしますが、プログラム内のどこにコーディングしてもかまいません。