7.56 EXIT

Þ: 利用法の確認

EXITコマンドは、実行中のRDMLプログラムを終了し、LANSAを直ちに終了するために使用します。現在のファンクション/プロセスだけでなく、LANSAシステム全体が終了することに注意してください。

機能的には、EXITコマンドを使用すると、[終了]ファンクション・キーを使用した場合と同じ結果になります。

また、メッセージを発行することもできます。このメッセージは、最初にLANSAを呼び出したプログラムのプログラム・メッセージ待ち行列に戻されます。

参照

7.56.1 EXIT のパラメータ

7.56.2 EXIT の使用例

                                                         任意指定

 

  EXIT --------- MSGTXT --------*NONE -------------------------->

                                'メッセージ・テキスト'

 

             >-- MSGID -------- *NONE -------------------------->

                                メッセージ識別子

 

             >-- MSGF --------- *NONE -------------------------->

                                メッセージ・ファイル . ライブラリ名

 

             >-- MSGDTA ------- 代替変数 ---------|

                              | 拡張可能なグループ式 |

                               ---------- 最大20 -----------