7.60.2 FORの使用例

Columnsコレクション

この例では、リスト・ビューの列を反復して列のDisplayPosition属性とWidth属性をグリッドに取り込みます。

For Each(#Current) In(#ltvw_1.Columns)
Set Com(#STD_NUM) Value(#current.displayposition)
Set Com(#std_amnt) Value(#current.width)
Add_Entry To_List(#GRID_1)
Endfor
 

ComponentMembersコレクション

この例では、フォーム上の全メンバー・コンポーネントを記録してグリッドに記載します。

For Each(#Current) In(#COM_OWNER.ComponentMembers)
Change Field(#STD_NAME) To('#CURRENT.NAME')
Add_Entry To_List(#GRID_1)
Endfor
 

ComponentFormsコレクション

この例では、現在アプリケーションに認識されている全フォームのコレクションを反復ループしてそのコレクションをグリッドに記録します。

For Each(#Current) In(#SYS_APPLN.ComponentForms)
Change Field(#STD_NAME) To('#CURRENT.ComponentTypeName')
Add_Entry To_List(#GRID_1)
Endfor
 

Itemsコレクション

この例では、#PHBN_1がクリックされると#SMNU_1サブメニューのメニュー項目はすべて無効になり、#PHBN_2がクリックされるとメニュー項目は有効になります。

Evtroutine Handling(#PHBN_1.Click)
For Each(#Current) In(#smnu_1.Items)
Set Com(#Current) Enabled(False)
Endfor
Endroutine
 
Evtroutine Handling(#PHBN_2.Click)
For Each(#Current) In(#smnu_1.Items)
Set Com(#Current) Enabled(True)
Endfor
Endroutine