7.61.2 FUNCTION の使用例

例1:バッチ・サブルーチンRDMLプログラムに対して、指定可能なオプションを設定します。

FUNCTION  OPTIONS(*NOMESSAGES *HEAVYUSAGE)
 

例2:対話型「ポップアップ・セレクター」RDMLサブルーチンに対して、指定可能なオプションを設定します。

FUNCTION  OPTIONS(*NOMESSAGES *DEFERWRITE)
 

例3:このファンクションでデータ構造DATAFILEを受け取りします。

FUNCTION  OPTIONS(*DIRECT) RCV_DS(DATAFILE)
 

これを行うには、DATAFILEというファイルをLANSAに定義する必要があります。このファイルの実フィールドは、データ構造として別のファンクションから受け取ることができます。このデータ構造の末尾にはダミー・フィールドがあるため、データ構造内にフィールドが追加されるたびに、そのデータ構造を参照する各ファンクションを再コンパイルする必要はありません。(データ構造内で既存のフィールドの長さ、位置、またはタイプが変更されない限り)データ構造の長さが一定であれば、そのデータ構造を使用するファンクションの再コンパイルは必要ありません。

例4:このファンクションで作業リスト#ORDERLINEを受け取ります。

FUNCTION  OPTIONS(*DIRECT) RCV_LIST(#ORDERLINE)
DEF_LIST   NAME(#ORDERLINE) FIELDS(#ORDLIN #PRODUCT #QUANTITY #PRICE) TYPE(*WORKING)