7.63 GET_ENTRY

Þ: 利用法の確認

GET_ENTRYコマンドは、リストから個々の項目を取得するために使用します。

リストとして、ブラウズ・リスト(ワークステーションで情報を使用するために使用)または作業リスト(プログラム内で情報を保管するために使用)を使用できます。

リストおよびリスト処理の詳細については、DEF_LISTコマンドのセクションを参照してください。

参照

7.63.1 GET_ENTRY のパラメータ

7.63.2 GET_ENTRY の使用例

                                                         必須

 

  GET_ENTRY ---- NUMBER ------- 数値またはフィールド名 ---->

 

 -----------------------------------------------------------------

                                                         任意指定

 

            >--- FROM_LIST ---- *FIRST ------------------------->

                                リスト名

 

             >-- RET_STATUS --- *STATUS ------------------------|

                                フィールド名