7.68 IF_ERROR

Þ: 利用法の確認

IF_ERRORコマンドは、通常のIFコマンドの合成バージョンで、妥当性検査ブロック内の「エラー条件」を検査することができます。

妥当性検査ブロック内での「エラー条件」の指定に関する詳細については、ENDCHECKコマンドのセクションを参照してください。

「エラー条件に適合」した場合にエラー・メッセージを発行することもできます。

参照

7.68.1 IF_ERROR のパラメータ

7.68.2 IF_ERROR の使用例

                                                         任意指定

 

  IF_ERROR ----- MSGTXT ------- *NONE -------------------------->

                                メッセージ・テキスト

 

             >-- MSGID -------- *NONE -------------------------->

                                メッセージ識別子

 

             >-- MSGF --------- DC@M01 . *LIBL ----------------->

                                メッセージ・ファイル . ライブラリ名

 

             >-- MSGDTA ------- 代替変数 ---------|

                              | 拡張可能なグループ式 |

                               -------- 最大20 -------------