7.77 INVOKE

Þ: 利用法の確認

INVOKEコマンドはメソッドを呼び出します。呼び出し可能なメソッドは、フォームのShow/Hideメソッドなどの標準メソッドやユーザー定義のメソッドです。

カスタム定義のメソッドでは入力値が許され、出力値を戻すこともできます。このようなメソッドを呼び出す場合は、値を渡し、かつ戻り値に対してフィールドを割り当てる必要があります。

オーナー・フォームがメンバー・フォームに処理の実行を指示する場合にメソッドがよく使われます。注:コンポーネントは自身のメソッドを呼び出すこともできます。例えば、フォームは自身の非表示メソッドを呼び出して自身を閉じることができます。

INVOKEコマンドの仕様は、以下のとおりです。

INVOKE Method(method_expression) ParmOne(#ArgOne) ParmTwo(#ArgTwo)
 

コマンド名を指定しない場合は、フルRDMLXを使って以下のようにコマンドを入力できます。

method_expression ParmOne(#ArgOne) ParmTwo(#ArgTwo)
 

参照。

7.77.1 INVOKEのパラメータ

7.77.2 INVOKEの使用例

 

                                                           必須/省略可       

                                                                          

    INVOKE -------------Component.Method  -------------------------->     

                                                                          

   -------------------------------------------------------------------    

                                                                          

                                                      任意指定            

                        >---- パラメータおよび値  -----------------|