7.80 KEEP_COUNT

Þ: 利用法の確認

KEEP_COUNTコマンドは、フィールドの変更カウントを別のフィールドに保管するために使用します。

注:このコマンドでは、フルRDMLXフィールドは使用できません。

KEEP_COUNTコマンドは、SELECTまたはSELECTLISTコマンド・ループ内でのみ有効です。これは、使用される処理ロジックが暗黙的にSELECT/SELECTLISTループ・ロジックにリンクされるからです。

通常、KEEP_COUNTコマンドは、SELECTまたはSELECTLISTコマンドの直後に入力します。ただし、例外もあります。詳細については、使用例のセクションを参照してください。

参照

7.80.1 KEEP_COUNT のパラメータ

7.80.2 KEEP_COUNT についてのコメント/警告

7.80.3 KEEP_COUNT の使用例

                                                         必須

 

  KEEP_COUNT --- OF_FIELD ---- フィールド名のリスト ------------->

                             | 拡張可能なグループ式 |

                             ------ -- 最大50 - -----------

 

                 IN_FIELD ---- フィールド名 ---------------------->

 

 -----------------------------------------------------------------

                                                         任意指定

 

                 BY_FIELD ---- *SELECTED -----------------------|

                               フィールド名のリスト

                              | 拡張可能なグループ式 |

                               ---------  最大20 ----------