7.81.1 KEEP_MAX のパラメータ

BY_FIELD

IN_FIELD

OF_FIELD

OF_FIELD

KEEP_MAXコマンドで最大値をスキャンする1~50個のフィールドを指定します。

このパラメータで指定するフィールドは、LANSAデータ・ディクショナリ、またはこのファンクション内でDEFINEコマンドによって定義されていなければなりません。このパラメータでは、拡張可能なグループ式も有効です。

また、指定するフィールドは数値タイプでなければなりません。

IN_FIELD

OF_FIELDパラメータで指定したフィールドのうち最大値を保持しているフィールドの値を保管するフィールドを指定します。

このパラメータで指定するフィールドは、LANSAデータ・ディクショナリ、またはこのファンクション内でDEFINEコマンドによって定義されていなければなりません。

このフィールドは、各SELECT/SELECTLISTループの最初にリセットされます。

BY_FIELD

フィールドで最大値をスキャンする条件を指定します。

デフォルト値*SELECTEDを指定した場合、SELECT/SELECTLISTループが終了するまで(すなわち、選択されたすべての情報について)最大値のスキャンが継続されます。

*SELECTEDを指定しない場合は、1~20個のフィールド名のリストを指定します(または、拡張可能なグループ式を入力します)。最大値のスキャンは、リスト内の1つ以上のフィールド値が変更されるまで継続されます。1つ以上のフィールド値が変更されると、「累計機能」がNULL値にリセットされ、新しい最大値のスキャン・サイクルが開始されます。

「累計機能」は、最大値を追跡する作業フィールドです。

このパラメータの使用方法に関する詳細については、使用例のセクションを参照してください。