16.8 Windows 64 ビットサポート

アプリケーションを 64 ビットにすることが義務付けられていて、ビルド・コンピュータをインストールする時にのみ、64 ビットのサポートを有効にすることが推奨されています。例えば、企業基準で必須の場合などです。これを有効にすることによる欠点は、以下の通りです。

機能しない、またはサポートされない LANSA 機能

インストール時の考慮事項

プログラミング時の考慮事項

32 ビット及び 64 ビットアプリケーションの同一データベースへのアクセス

32 ビットと 64 ビットアプリケーションが同一のデータベースにアクセスしている場合、特に実稼働システムにアプリケーションを配布する際の考慮事項は以下の通りです。

注意すべき環境の相違点