SQL Anywhere

1.  渡されたパラメータを使って、接続を試みます。

  DBTC = Yの場合、信頼済み接続を試みます。

3.  提供されたユーザーIDとパスワードがあれば、それを使ってログオンを試みます。これは下位互換性のために用意されています。

4.  DSNのみを使って接続します。ここでは、ODBC DSN に必要な接続情報がすべて含まれると見なします。

5.  DBA/SQLを使って接続を試みます。新規インストールの際、最も多い接続方法です。

6.  PC外部ファイルの場合、接続が成功するかダイアログがキャンセルされるまで、繰り返しユーザーに指示を出します。(これは、Microsoft Windos上で実行されている対話型のLANSAプロセスにのみ適用されます。)

7.  致命的なエラーです。