Oracle

1.  渡されたパラメータを使って、接続を試みます。

2.   DBTC = Yの場合、信頼済み接続を試みます。

3.  提供されたユーザーIDとパスワードがあれば、それを使ってログオンを試みます。これは下位互換性のために用意されています。

4.  PC外部ファイルの場合、接続が成功するかダイアログがキャンセルされるまで、繰り返しユーザーにダイアログを表示します。(これは、Microsoft Windos上で実行されている対話型のLANSAプロセスにのみ適用されます。)

5.  致命的なエラーです。