17.8.3 実装技術の詳細

LANSAデータベース層は LOCK_TYPE=Cを使ってOracle以外のすべてのデータベースのロックのタイムアウトを設定します。Oracleのタイムアウトは、ORAODBC.INI内に設定する必要があります。データベースへの接続の作成のすぐ後に、接続についてのCMD_LOCK_TIMEOUT内でのコマンド設定が実行されます。

LOCK_TYPE=Sについては、すべてのデータベースが CMD_LOCK_TIMEOUT内に値を追加し、更新および実行の前に選択を実行します。これらのステートメントは、pX_Ids->chOAMRqsType |= X_LOCK_OPERATIONを使うOAMによってフラグが設定されます。これは今までOracleでしかテストされていません。