Oracle 10.2 - 接続ロック

ODBI=2 (READ_COMMITTED)
LockTimeout=2 (ORAODBC.INI)

WITH_KEY IOアクセス

 

ステップ

アクション (ユーザー)

IO$STS

メッセージ

1

挿入 (1)

OK

IOオペレーションは成功しました。

2

挿入 (2)

ER

レコードはロックされました。

3

削除 (2)

NR

レコードは見つかりませんでした。

4

コミット (1)

 

 

5

更新 (1)

OK

IOオペレーションは成功しました。

6

更新 (2)

ER

レコードはロックされました。

7

フェッチ (1)

OK

IOオペレーションは成功しました。

8

フェッチ (2)

OK

IOオペレーションは成功しました。

9

コミット (1)

 

 

10

削除 (1)

OK

IOオペレーションは成功しました。

11

挿入 (2)

ER

レコードはロックされました。

12

更新 (2) 削除 (2)

ER

レコードはロックされました。

13

コミット (1)

 

 

 

 

ステップ3と8のOracleとSQLサーバーの違いに注意してください。

最後のレコード読み取り IO アクセス

最後のレコード読み取りの前に読み取るレコードが必要なため、これは異なる一連のステップになります。したがって、エラーが発生すると、ステップ13のように、再度レコードをフェッチする必要があります。

ステップ

アクション (ユーザー)

IO$STS

メッセージ

1

挿入 (1)

OK

IOオペレーションは成功しました。

2

挿入 (2)

ER

レコードはロックされました。

3

コミット (1)

 

 

4

フェッチ (1)、フェッチ (2)

OK

IOオペレーションは成功しました。

5

更新 (1)

OK

IOオペレーションは成功しました。

6

更新 (2)

ER

レコードはロックされました。

7

フェッチ (1)

OK

IOオペレーションは成功しました。

8

フェッチ (2)

OK

IOオペレーションは成功しました。

9

コミット (1)

 

 

10

フェッチ (1)、フェッチ (2)

OK

IOオペレーションは成功しました。

11

削除 (1)

OK

IOオペレーションは成功しました。

12

挿入 (2)

ER

レコードはロックされました。

13

フェッチ (2) 更新 (2)、フェッチ(2) 削除(2)

ER

レコードはロックされました。

14

コミット (1)