6.7.5 [RDMLX使用可能]

既存の RDML ファンクションを RDMLX ファンクションに変更するには、Visual LANSA エディターでファンクションを開き、[ファイル] メニューを選択して、オプション [フルRDMLXを使用可能にする] を選択します。

このオプションは、RDMLX使用可能区画でのみ利用できます。

他の RDMLX オブジェクトや RDMLX コマンドを使用するには、ファンクションがフル RDMLX 使用可能な状態でなければなりません。ファンクションが RDMLX に対して使用可能にされていない場合は、RDMLX フィールドまたは RDMLX ファイルを使用することはできません。RDMLX ファンクションはコンポーネントと情報を交換できます。

このオプションのデフォルト値は「RDMLX区画の設定」で制御されます。

ヒントとテクニック

関連事項

警告