5.5 [Webroutineサービス名]

WAMのWebroutineは、その名前と、そのWebroutineが属するWAMの名前から一意に識別することができます。また、サービス名と呼ばれる1つの名前でも一意に識別できます。

ブラウザーでWebroutineを起動するときは、以下のURLを使用します。

http://localhost/cgi-bin/lansaweb?webapp=<WAM名>+webrtn=<WEBROUTINE名>+ml=<TS名>+part=<区画名>+lang=<言語名>

WEBROUTINEにサービス名が定義されている場合は、サービス名を指定ができます。:

http://localhost/cgi-bin/lansaweb?srve=<サービス名>+ml=<TS名>+part=<区画名>+lang=<言語名>

サービス名は、そのWebroutineが使用される区画内で固有でなければなりません。

WEBROUTINEのサービス名を使用すると、WAMアプリケーションを配布するときの柔軟性が高まります。例えば、アプリケーションを別の区画、WAM、WEBROUTINEに配布し直すときにも、外部のURL参照を変更する必要がありません。

Ý 5. ウェブレット