7.84.3 LEAVE の使用例

SELECTループ内でLEAVEを使用する

BEGIN_LOOPループ内でLEAVEを使用する

SELECTループ内でLEAVEを使用する

SELECTループ内で1つのレコードを読み取った場合に、これ以上読み取りが必要ないことがあります。この例は、SELECTループ内でLEAVEコマンドを使用して、このような状況に対処する方法を示しています。

例えば、価格ファイルが以下のように定義され、以下のプライマリ・キーでソートされているとします。

1.   #ITEMNO (昇順)

2.   #EFF_DATE (昇順)

品目番号
(パック10進数(7,0))

有効日
(パック10進数(8,0))

価格($)
(パック10進数(9,2))

116

2000/01/01

4.00

116

2000/07/01

4.25

116

2001/01/01

4.50

116

2001/07/01

4.75

116

2002/01/01

5.00

 

請求のため、08/02/2001時点の品目116の価格が必要だとします。

DEFINE     FIELD(#REQITEM) REFFLD(#ITEMNO)
DEFINE     FIELD(#REQDATE) REFFLD(#EFF_DATE)
DEFINE     FIELD(#PRICEOUT) REFFLD(#PRICE)
           
BEGIN_LOOP 
REQUEST    FIELDS(#REQITEM #REQDATE)
CHANGE     FIELD(#PRICEOUT) TO(0)
EXECUTE    SUBROUTINE(GETPRICE) WITH_PARMS(#REQITEM #REQDATE #PRICEOUT)
DISPLAY    FIELDS(#REQITEM #PRICEOUT)
END_LOOP   
          
SUBROUTINE NAME(GETPRICE) PARMS((#REQITEM *RECEIVED) (#REQDATE *RECEIVED) (#PRICEOUT *RETURNED))
SELECT     FIELDS(#ITEMNO #EFF_DATE #PRICE) FROM_FILE(PRICING) WHERE('#ITEMNO = #REQITEM') WITH_KEY(#REQITEM #REQDATE) OPTIONS(*BACKWARDS *STARTKEY *ENDWHERE)
CHANGE     FIELD(#PRICEOUT) TO(#PRICE)
LEAVE      
ENDSELECT  
ENDROUTINE 
 

SELECTは、有効日が要求の日付以前の価格レコードを見つけ、そのレコードを読み取ります。該当するレコードが見つかった場合、#PRICEの値が#PRICEOUTに移動されます。必要なレコードが見つかった場合はこれ以上価格レコードを読み取り続ける必要がないため、LEAVEによってSELECTループを終了します。

要求された日付以前の、要求された品目のレコードが見つからない場合、#PRICEOUTの値は0のままです。

または、特定の日付「時点」のレコードを要求する代わりに、今日の日付を自動的に使用することもできます。

DEFINE     FIELD(#REQITEM) REFFLD(#ITEMNO)
DEFINE     FIELD(#PRICEOUT) REFFLD(#PRICE)
           
BEGIN_LOOP 
REQUEST    FIELDS(#REQITEM)
CHANGE     FIELD(#PRICEOUT) TO(0)
EXECUTE    SUBROUTINE(GETPRICE) WITH_PARMS(#REQITEM #PRICEOUT)
DISPLAY    FIELDS(#REQITEM #PRICEOUT)
END_LOOP   
           
SUBROUTINE NAME(GETPRICE) PARMS((#REQITEM *RECEIVED)(#PRICEOUT *RETURNED))
SELECT     FIELDS(#ITEMNO #EFF_DATE #PRICE) FROM_FILE(PRICING) WHERE('#ITEMNO = #REQITEM') WITH_KEY(#REQITEM *YYYYMMDD) OPTIONS(*BACKWARDS *STARTKEY *ENDWHERE)
CHANGE     FIELD(#PRICEOUT) TO(#PRICE)
LEAVE      
ENDSELECT  
ENDROUTINE
 

BEGIN_LOOPループ内でLEAVEを使用する

この例は、BEGIN_LOOPループ内でLEAVEコマンドを使用する方法を示しています。追加のユーザー・ファンクション・キーと定義済みの条件を利用することで、ユーザーが[終了]キーを押したときにLEAVEコマンドによってループを終了することができます。

DEF_COND   NAME(*FINISHED) COND('#IO$KEY = ''09''')
DEF_LIST   NAME(#EMPBROWSE) FIELDS(#EMPNO #SURNAME #GIVENAME)
 
BEGIN_LOOP 
REQUEST    FIELDS(#EMPNO #SURNAME #GIVENAME) BROWSELIST(#EMPBROWSE) USER_KEYS((09 'Finish'))
LEAVE      IF(*FINISHED)
ADD_ENTRY  TO_LIST(#EMPBROWSE)
END_LOOP   
MESSAGE MSGTXT('Input of Employees Completed')