7.87 MENU

Þ: 利用法の確認

MENUコマンドは、実行中のRDMLプログラムを終了し、プロセスのメイン・メニューを再表示するために使用します。実行中のファンクションが終了し、プロセス・コントローラに制御が戻されることに注意してください。

機能的には、MENUコマンドを使用すると、[メニュー]ファンクション・キーを使用した場合と同じ結果になります。

プロセス・コントローラのメッセージ待ち行列に戻されるメッセージを発行することもできます。このメッセージは、プロセスのメイン・メニューの(再)表示時に22/24行目に表示されます。

注:MENUコマンドは、直前に表示されていたプロセス・メニューに制御を戻すよう指定します。したがって、非手続き型ファンクションまたはフルRDMLXファンクションでは、MENUコマンドを合理的に、また予測に基づいて使用することはできません。

参照

7.87.1 MENU のパラメータ

7.87.2 MENU の使用例

                                                         任意指定

 

  MENU --------- MSGTXT --------*NONE -------------------------->

                                'メッセージ・テキスト'

 

             >-- MSGID -------- *NONE -------------------------->

                                メッセージ識別子

 

             >-- MSGF --------- *NONE -------------------------->

                                メッセージ・ファイル . ライブラリ名

 

             >-- MSGDTA ------- 代替変数 ---------|

                              | 拡張可能なグループ式 |

                               --------- 最大20 ------------