7.95 PERSIST

Þ: 利用法の確認

PERSIST コマンドを使って、SRVROUTINE の処理完了後、サーバーにセッション用の値を保存するフィールドとリストを定義します。

サーバー処理ジョブは必要に応じて使用されるので、どのセッションでも、関連付けられた特定のジョブは存在しません。LANSA は持続データを管理し、要求がなされる度にこれを保存します。

通常は、USERID などのデータが持続され、要求ごとに引き渡す必要がないようにします。

参考

7.95.1 PERSIST のパラメータ

7.95.2 PERSIST の使用例

 

                                                           Required       

                                                                           

    PERSIST   >-- FIELDS ----------- field ------------------------------>       

             

              >-- LISTS  ----------- field ------------------------------>