7.96.3 POINT の使用例

例1:ファイルCUSTMSTに対するI/O要求をライブラリTESTDATAに向けます。

POINT FILE(CUSTMST) TO_LIBRARY(TESTDATA)
 

または

DEFINE FIELD(#LIBRARY) TYPE(*CHAR) LENGTH(10)
CHANGE FIELD(#LIBRARY) TO('TESTDATA')
POINT  FILE(CUSTMST) TO_LIBRARY(#LIBRARY)
 

例2:ファイルGLTRANSに対するI/O要求を、現在のワークステーションと同じ名前のメンバーに向けます。

POINT FILE(GLTRANS) TO_MEMBER(*JOB)
 

または

DEFINE FIELD(#MEMBER) TYPE(*DEC) LENGTH(2) DECIMALS(0)
CHANGE FIELD(#MEMBER) TO(*JOB)
POINT  FILE(GLTRANS)  TO_MEMBER(#MEMBER)
 

例3:ファイルGLTRANSに対するI/O要求を、"M"と現在のジョブ番号を連結した名前のメンバーに向けます。

DEFINE FIELD(#MEMBER) TYPE(*CHAR) LENGTH(10)
USE    BUILTIN(CONCAT) WITH_ARGS('M' *JOBNBR) TO_GET(#MEMBER)
POINT  FILE(GLTRANS) TO_MEMBER(#MEMBER)