13.1.7 Prompt_Key の処理

DISPLAY、 REQUEST、POP_UPの3つのコマンドには、PROMPT_KEYと呼ばれるパラメータがあります。このパラメータのデフォルトは以下のように指定されます。

PROMPT_KEY(*DFT *AUTO)

 

パラメータの1番目の値は、プロンプト・キーを有効にするかどうかを示します。指定可能な値は、*YES、*NO、*DFTです。特殊値の*DFTでは、システム定義データ域DC@A01の477桁目に従って、有効または無効が指示されます。全体レイアウトの詳細については、『LANSA/AD ユーザーガイド』システム定義データ域」を参照してください。

2番目の値は、プロンプト・キーが使われた場合の処理を示します。指定可能な値は、*NEXT(制御を次のRDMLコマンドに渡す)、コマンド・ラベル(制御をラベルに渡す)、または*AUTO(LANSAが自動でファンクション・キーを処理する)です。

最初の2つの値 (*NEXTまたはラベル) の場合、プロンプト・キーの処理はRDMLプログラムに完全制御されます。したがって、何を処理するかは、完全にプログラマの自由です。

ここで重要なのは、最後の値 (*AUTO) です。以下の資料のほとんどで、プロンプト・キーを自動で処理する方法が述べられています。

最終的に、プロンプト・キーに割り当てられる実際のファンクション・キー番号は以下のように設定されます。

Ý 13.1 RDMLコマンドのパラメータ