7.99 PTYROUTINE

Þ: 利用法の確認

PTYROUTINEコマンドを使用して、ユーザー定義のプロパティ値を操作するルーチンを作成します。

DEFINE_PTYコマンドを使用してフォームのプロパティを定義する場合は、PTYROUTINコマンドを使用すると、プロパティ値を設定したりプロパティ値を戻したりするルーチンを指定することができます。プロパティを値を操作する時にこのコマンドを実行します。例えば、以下のような操作を行うことができます。

プロパティ・ルーチンの入出力値は、DEFINE_MAPコマンドで定義されます。詳細については、「7.31 DEFINE_MAP 」の説明を参照してください。

ここで重要なことは、ユーザー定義のプロパティ(DEFINE_PTY)およびプロパティ・ルーチンがすべてフォームの中に含まれるということです。この結果、フォームはそのオーナー・フォームからプロパティ値を受け取るだけでなく戻すことができます。しかし、フォーム内部でこの値がどのように処理されているのかは、オーナー・フォームにはわかりません。したがって、フォームでのプロパティ値の処理方法を変更するのに、このプロパティを使用するフォームを変更する必要はなくなります。

例えば、Addressプロパティを持つフォームについて、以前は郵便番号と州の情報を1個のフィールドで扱っていたものを2個のフィールドで扱うように変更することができます。この結果、フォーム内のプロパティ・ルーチンは変更する必要がありますが、プロパティそのものは何も変わらないため、Addressプロパティ値の設定や取得を行う他のフォームを変更する必要はありません。

PTYROUTINEの名前は、DEFINE_PTYコマンドのSETまたはGETパラメータの値にすることができます。「7.32 DEFINE_PTY 」の説明を参照してください

参照

7.99.1 PTYROUTINEのパラメータ

7.99.2 PTYROUTINEの使用例

7.31.4 PTYROUTINEで使用するDEFINE_MAP

7.47 ENDROUTINE

 

                                                           必須/省略可       

                                                                          

    PTYROUTINE ---- NAME -------ルーチン名 -------|