7.104 ROLLBACK

Þ: 利用法の確認

ROLLBACKコマンドは、IBM iオペレーティング・システムの「ロールバック」操作を実行するために使用します。ロールバック操作では、コミットされていないすべての変更がデータベースから「ロールバック」(すなわち、削除)されます。

このコマンドを使用する前に、IBM iのコミット制御処理の詳細について、IBM提供の適切なマニュアルを参照してください。

また、『LANSA/AD ユーザーガイド』「コミット制御を使用する」を読むことをお勧めします。

移植性に関する考慮事項

Visual LANSAを使用している場合は、『LANSAアプリケーション設計ガイド』コミット制御を参照してください。

参照

7.104.1 ROLLBACK のパラメータ

7.104.2 ROLLBACK の使用例

  ROLLBACK ----- パラメータはありません ---------------------------------|