7.106 SELECTLIST

Þ: 利用法の確認

SELECTLISTコマンドは、ENDSELECTコマンドと対で使用して、リスト内で特定の条件に一致したすべての項目を処理するための「ループ」を作成します。

リストとして、ブラウズ・リスト(ワークステーションで情報を使用するために使用)または作業リスト(プログラム内で情報を保管するために使用)を使用できます。

SELECTLIST/ENDSELECTループの例を以下に示します。

-----> SELECTLIST NAMED(#ORDERLINE) GET_ENTRYS(*ALTERED)
|      UPDATE     FIELDS(#ORDERLINE) IN_FILE(ORDLIN)
|                 WITH_KEY(#ORDER)
-----  ENDSELECT
 

これにより、#ORDERLINEというリスト内の、追加後に変更されたすべての項目を処理するためのループが作成されます。変更された各項目はUPDATEコマンドで処理され、変更がファイルORDLINに反映されます。

リストの種類とリスト処理の詳細については、DEF_LIST (リストの定義)コマンドのセクションを参照してください。

参照

7.106.1 SELECTLIST のパラメータ

7.106.2 SELECTLIST の使用例

                                                         任意指定

 

  SELECTLIST --- NAMED -------- *FIRST ------------------------->

                                リスト名

 

             >-- GET_ENTRYS --- *ALL --------------------------->

                                *SELECT    <----

                                *ALTERED        |   ブラウズ・リストに

                                *NOTNULL        |  対してのみ

                                *DISPLAY        |     有効

                                *ADD            |

                                *CHANGE         |

                                *DELETE    <----

 

            >--- WHERE -------- '条件' -------------------|