7.112 SET_REF

Þ: 利用法の確認

SET_REFコマンドは、DEFINE_COMステートメントの動的参照によって定義された変数にコンポーネント参照を割り当てるために使用します。動的参照がある場合、コンポーネントのインスタンスは、そのコンポーネントへの参照がSET_REFコマンドによって割り当てられている場合のみ作成されます。

: このコマンドでオブジェクトのロング・ネームを使用する際は注意が必要です。
SET_REF Com(#MyObject) To(*CREATE_AS #MyFormWithLongNames) では、ロング・ネームの使用が可能です。
SET_REF Com(#MyObject) To(*CREATE_FROM #MyFormWithLongNames) では、ロング・ネームは使用できません。これはランタイムではロング・ネームが使用不可だからです。

参照。

7.112.1 SET_REFのパラメータ

7.112.2 SET_REFの使用例

7.72 IF_REF

 

                                                           必須/省略可       

                                                                          

       SET_REF --- COM---------変数名|変数名------->      

                                                                          

               >-- TO  -------- 参照式 ------------->       

                                                                          

               >-- CONTEXT  --- *DEFAULT  ------------------------>       

                                *OWNER                                    

                                *MODULE                                   

                                *NEW                                      

                                *NAMED ---- #変数                     

                                                                          

               >-- COM_ERROR--- *ABORT ---------------------------|       

                                *IGNORE                                   

                                *SET_NULL