I/Oコマンドでのファイル・キー・リストの指定

LANSAデータベースのI/Oコマンドの多くは、ファイル・キーを指定することができます。ファイル・キーの設定に使用する方法とロジックは、すべての場合において同じです。

ファイル・キーを指定するときは、次の点に注意が必要です。

     FETCH   FROM_FILE(ORDLIN) WITH_KEY(#ORDNUM #LINENO)

 

    ただし、コマンドを次のように指定した場合、LANSAは、ファイルORDLIN内の受注番号=1、行番号=123456である最初のレコードを取得しようとします。

     FETCH   FROM_FILE(ORDLIN) WITH_KEY(#LINENO #ORDNUM)

 

    これは、実際のファイル・キーが「受注番号」、「行番号」の順に指定されているためです。LANSAでは、キー・フィールドの名前ではなく、実際のファイル・キーでのキー・フィールドの位置を対応させて、指定されたキー・フィールドを処理します。

     KEY01  KEY02  KEY03

     または KEY01  KEY02

     または KEY01

 

     ただし、以下のように指定することはできません。

     -----  -----  KEY03

     または -----  KEY02  KEY03

     または KEY01  -----  KEY03

 

以下も参照してください。

I/Oコマンド戻りコード表

レコードがロックされているI/O状況

Ý 13.1.1 I/Oコマンド