7.122 UPD_ENTRY

Þ: 利用法の確認

UPD_ENTRYコマンドは、リスト内の既存の項目を更新するために使用します。

リストとして、ブラウズ・リスト(ワークステーションで情報を使用するために使用)または作業リスト(プログラム内で情報を保管するために使用)を使用できます。

UPD_ENTRYコマンドでリスト項目を更新する前に、SELECTLIST/ENDSELECTリスト処理ループ内で、あるいはGET_ENTRYまたはLOC_ENTRYコマンドによって、その項目がリストから選択(取得)されていなければなりません。

リストおよびリスト処理の詳細については、DEF_LISTコマンドのセクションを参照してください。

参照

7.122.1 UPD_ENTRY のパラメータ

7.122.2 UPD_ENTRY についてのコメント/警告

7.122.3 UPD_ENTRY の使用例

                                                         任意指定

 

  UPD_ENTRY ---- IN_LIST ------ *FIRST ------------------------->

                                リスト名

 

             >-- WITH_MODE ---- *CURRENT -----------------------|

                                *ADD

                                *CHANGE

                                *DELETE

                                *DISPLAY

                                *SAME

                                フィールド名