Web リソース (PRIM_CLRC)

Webroutine により提供されるリソースを記述する抽象クラス。

祖先 - ブジェクト (PRIM_OBJT)

詳細

Web リソースは、Response オブジェクトとして WebRoutine の出力を記述するために使用されるコンポーネントインスタンスです。

この例は、典型的なファイルダウンロードルーチンを示しています。
 
データは BLOB として返されるのではなく、応答オブジェクトで返され、ブラウザはそれをオブジェクトとして扱うことができます。
 
BLOB はファイルから読み込まれ、 Response オブジェクトに ContentFile として添付されます。
Webroutine Name(DownloadImage) Response(#Response)
   Web_Map For(*Input) Fields(#Empno)
 
   Fetch Fields(#GiveName #Surname) From_File(pslmst) With_Key(#empno)
 
   If_Status Is(*okay)
 
      Fetch Fields(#empimg) From_File(pslimg) With_Key(#empno)
 
   If_Status Is(*okay)
 
      #Response.ContentFile := #Empimg.Filename
      #Response.AttachmentFileName := #Surname + #GiveName + #Empno
 
 Endif
 
 Endif
 
 Endroutine

プロパティ

名前記述
AttachmentFileNameファイルを指定の名前で保存
Charset文字セットの上書きを指定
ComponentClassNameコンポーネントのクラス名です。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentMembersこのコンポーネントの全てにアクセスできるようにします。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentPatternNameコンポーネントのクラスを制限します。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTagインスタンス用に値を格納できる汎用スペース ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTypeComponentType ではコンポーネントのタイプ情報にアクセスできます。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTypeNameComponentTypeName 十分適格なコンポーネントのクラス名です。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
CompressionTRUE を設定すると、gzip エンコードでファイルを圧縮
ContentFile提供されるファイル名
ContentString提供される文字列
ContentType拡張子から導き出された省略値のコンテンツ タイプを上書き
HttpStatusHTTP ステータス コード
Nameコンポーネントの名前 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
Ownerコンポーネントのオーナーです。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
Parentこのインスタンスが添付されているコンポーネント インスタンス。コントロールのビジュアル コンテナまたは子インスタンスのコレクション ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
RemoveFileユーザー エージェントに送付後、ファイルを削除

イベント

名前記述
CreateInstanceコンポーネントを作成する時に CreateInstance のイベントを実行します。 Web リソース (PRIM_CLRC) より継承
DestroyInstanceコンポーネントが解除される前に DestroyInstance のイベントを実行します。 Web リソース (PRIM_CLRC) より継承

メソッド

名前記述
AddHeaderカスタムの HTTP ヘッダーを追加
Name, Value

参照

すべてのコンポーネント クラス

テクニカルリファレンス

2018 - V14SP1