ActiveX コンポーネント エラー (PRIM_COER)

ActoveX コントロールがエラーになった時に返されるオブジェクト

祖先 - ブジェクト (PRIM_OBJT)

詳細

ActiveX コンポーネントとの最終操作によって返された情報を含む ActiveX エラーコンポーネント
 
#COM_ERR_INFO 変数は、コントロールによって返される情報へのプログラムによるアクセスを提供します。
 
IsError プロパティは、操作が失敗したかどうかを示し、 ErrorCode プロパティと ErrorWord プロパティは、返された HRESULT 値の数値と文字列表現を提供します。
 
ActiveX コンポーネントとの操作処理の成功や失敗は、 ActiveX から HRESULT データタイプで返される変数値で示されます。HRESULT 変数は、以下の3つのいずれかに解釈される 32 ビットの整数を表します。
 
1.   ゼロ値は、成功した対話を識別する。
2.   2.相互作用が成功したがステータス情報が返ってきたら、正のゼロ以外の値が返されます。
3.   3.対話が失敗し、エラー情報が戻されると、負の値が戻されます。

プロパティ

名前記述
ComponentClassNameコンポーネントのクラス名です。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentMembersこのコンポーネントの全てにアクセスできるようにします。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentPatternNameコンポーネントのクラスを制限します。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTagインスタンス用に値を格納できる汎用スペース ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTypeComponentType ではコンポーネントのタイプ情報にアクセスできます。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTypeNameComponentTypeName 十分適格なコンポーネントのクラス名です。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
Description失敗した HRESULT を文字列として返します。もしくは、空の文字列を返します。
ErrorCode現在の HRESULT を 32 ビットの整数値として返します。
ErrorWord現在の HRESULT の値を Xxxxxxxxx の形式の 16 進文字列として返します。
HelpContext失敗した HRESULT のヘルプ テキストのコンテキスト識別子を、32 ビット整数として返します。
HelpFile失敗した HRESULT のヘルプ テキストを表示するのに使用される Windows ヘルプ ファイルの名前を返します。
IsError現在の HRESULT が失敗かどうかを示す値を返します。
Nameコンポーネントの名前 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
Ownerコンポーネントのオーナーです。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
Parentこのインスタンスが添付されているコンポーネント インスタンス。コントロールのビジュアル コンテナまたは子インスタンスのコレクション ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承

イベント

名前記述
CreateInstanceコンポーネントを作成する時に CreateInstance のイベントを実行します。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
DestroyInstanceコンポーネントが解除される前に DestroyInstance のイベントを実行します。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承

メソッド

名前記述
Clearゼロの HRESULT に対応する COM エラー コンポーネントの状態をリセットします。
ReportErrorメッセージ ボックス内の現在の AcriveX エラー状態を報告します。
ReportErrorAndAbortアプリケーションの異常終了の前に、メッセージ ボックス内の現在の AcriveX エラー状態を報告します。
ShowErrorHelp現在の ActiveX にエラー提供されたヘルプを、適切なヘルプ ウィンドウに表示します。

参照

すべてのコンポーネント クラス

テクニカルリファレンス

2018 - V14SP1